このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2020年02月23日

ラーメン富貴@豊岡市

ラーメン富貴

豊岡市のマックスバリュ日高店の中にある店舗。
もともとはお好み焼き・たこ焼きを出す店だったのが、数年前からラーメン専門になりました。
この店には一昨年にも来ましたが、今回も仕事で日高町に来たので、お昼に立ち寄りです。
フードコートスタイルで、注文時にカウンターで代金を支払いますが、ラーメンは店員さんが席まで持ってきてくれるので、セミセルフ方式というのかな。


ラーメン富貴

メニューはラーメンをはじめ、つけ麺、担々麺、油そばなどもあります。
今回目についたのが、上田畜産但馬玄シリーズ。
その中の「但馬玄(くろ)肉そば」にご注目。


ラーメン富貴

「但馬玄肉そば」(1030円)。
1000円超えのメニューです。
ゴロゴロっとした肉塊が入ってます。
但馬牛がぜいたくに使われています。


ラーメン富貴

なかなか良好な味わい。
フードコートスタイルだと侮るべからず。
どれもオススメですんで近くにお立ち寄りの際は是非に。




posted by かもねぎ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬-[豊岡市]

2020年02月01日

みなとや『玉井味噌らーめん』

みなとや

さんプラザ地下のみなとや訪問〜。


みなとや

今日の目当てはこちら限定の「玉井味噌らーめん」です。
では、その食券を購入〜。


みなとや

「玉井味噌らーめん」(800円)
調味料は味噌以外の調味料は使っていないとのこと。


みなとや

信州味噌の一つのブランドである玉井味噌。
ずっと以前、料理に凝っていた若き頃に玉井味噌を買って試したことがありました。
正直、あまり印象にない味噌で、買ったのはそれ1度切りでした。
20数年ぶりに口にした玉井味噌、口当たりまろやかで優しい味ですね〜。


みなとや

自家製麺も玉井味噌にピッタリと合った麺です。
おいしかった〜(*‘∀‘)。


阪神軒-武庫之荘屋台@尼崎市

阪神軒武庫之荘屋台

今回は久しぶりに阪神軒の屋台のラーメンに行ってきました。
以前はJR立花駅南口でやってた爺ちゃんの屋台で食べたことがあったんですが、こちらの武庫之荘駅屋台は今回初です。

2000年頃まで、神戸市内や阪神間では手引き屋台が各地で見られました。
駅前には屋台が常駐し、夜遅くに駅を降りて帰宅を急ぐサラリーマンや酔い客などがちょっと立ち寄ってラーメンをすする…。そして住宅街ではチャルメラを鳴らして屋台を引き、お客さんが来たらラーメンを作る・・・。そういう姿が街で普通に見られたものでした。
それがだんだんと消えていき、私が知る限り、阪神間においては手引き屋台はこの「阪神軒」だけになってしまいました。

さて、この阪神軒は尼崎市内数か所で手引き屋台と軽トラックでラーメン屋台をやっていて、尼崎市内の立花、武庫之荘、塚口あたりを回っています。
しかし、ここ数日間にこれらの駅を回ってみても、武庫之荘以外の屋台を見かけない。辞めてしまったのでしょうか?
また、JR立花駅南口で昭和45年(1970年)からやっていた爺ちゃん、私が最後に行ったのが2003年で、その時でもう80歳を超えていたので、その後どうされたのやら…。
以前、立花にあった麺屋花星で食べたあとに立花駅で見かけたときには別の初老の男性が屋台をやってたんで、その頃(2007〜8年頃)には引退されてたのかな。

とにかく、今回初めて来た武庫之荘駅北口の阪神軒屋台でラーメンを注文〜!。
兄ちゃんが手際よく作ってくれます。


阪神軒武庫之荘屋台

ハイ!、こちらが阪神軒屋台特製の「中華そば」(550円)。
1995年からずっと500円で通してきてたけど、昨年10月に550円に値上げしたとのこと。
24年も500円で続けてきたってのはすごいですね。
デフォで胡椒がかけられているので、不要な方はお申し出を。
でも、この胡椒がスープとの相乗効果でイイ味が出るんです。


阪神軒武庫之荘屋台


阪神軒武庫之荘屋台

ん〜、旨い!。
いつまでも屋台続けてもらいたいですね〜。

ちなみに30分ほど様子を見てましたが、大阪梅田からの電車が着くたびにお客さんが2〜3人は立ち寄ります。1時間あたりにしてお客さんは20人以上、1日にしたら50人くらい来ているのでは。
短時間で50杯出るとなったら結構儲かってそうです(^^;。
営業時間は午後10時くらいから駅前広場の片隅に屋台を止めて営業開始。そして最終バスが出たらバス乗り場に移動し、バス停のベンチに座って食べることが出来ます。午前2時頃には撤収しています。
基本、日曜日と雨天の日は休みですが、出てない日もあります。

2020年01月27日

芦屋らーめん処 花麺@芦屋市

芦屋らーめん処花麺

芦屋市内の国道2号が「芦屋ラーメン街道」と呼ばれ出したのは20年前。そんな芦屋市楠町の国道2号沿いに今年1月16日にオープンしたお店。芦屋において新しいラーメン店が出来るのは相当久しぶりのことで、なんと、2013年以来のラーメン店の新店なんです。
カウンター席とテーブル席が程よく配置されて落ち着いた雰囲気の店内。
とめられる台数は少ないけれど専用駐車場もある。(満車の場合は提携駐車場に。この場合駐車料金100円引だけで完全無料ではない)
お客さんの入りも良好で、月曜日の午後8時過ぎの時点で、カウンターとテーブルともにほぼ満席でした。


芦屋らーめん処花麺

メニューは醤油らーめん、味噌らーめんなど。


芦屋らーめん処花麺

実は数日前に来店しようとしてたんですが、臨時休業だったのです。そのことをお店の人に何気なく言うと「すいませんでした〜」と、餃子3個分サービスしてくれました。


芦屋らーめん処花麺

「醤油らーめん」(760円)
300m西にある「ふうりん」のラーメンのようなビジュアル。
白い物体は、すりおろした玉ねぎ。


芦屋らーめん処花麺

スープは丸鶏と野菜を煮出したもんだそう。
あっさりとした口当たりの醤油味。


芦屋らーめん処花麺

麺は歯ごたえ感じるストレートの全粒粉麺です。


posted by かもねぎ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-芦屋市

2020年01月20日

らーめんチョンマゲ 神戸元町店@神戸市中央区

らーめんチョンマゲ

こちらは今年1月6日にオープンした「らーめんチョンマゲ」。
本店が四国・高知市にあるらしいが、私は高知にあるのこの店ことは全然知りませんでした。
調べてみると鴨ラー高知ランクでも70位くらいなので、高知の有名店ってわけでもないみたいです。
実際に高知出身で高知の事情にそこそこ詳しい関西在住のラーメンフリーク某人も知らなかったくらいでしたから…。
そういう店が、なぜ神戸に出店したのかは謎です。


らーめんチョンマゲ

メニューはこないな感じ。
「初めての方は零からどうぞ」とのことなんで、零にしました。
食券券売機で食券を買ってからカウンター席に。


らーめんチョンマゲ

「らーめん零」(830円)。


らーめんチョンマゲ

淡い褐色のクリアなスープ。


らーめんチョンマゲ

細めの全粒粉麺。
なかなか良いカンジの麺です。
サイドメニューの「玉子やきめし」がオススメらしいので、また今度来た時には醤油味の「壱」とともに注文しましょうかね。

2020年01月16日

らーめん処 山神山人 superlight@神戸市中央区

山神山人superlight01.jpg

神戸のモザイクに新たにオープンした山神山人へ来店。
ここの店名が「らーめん処 山神山人 superlight」なんだけど、スーパーライトって何?
超軽いってこと?
普通の山神山人とどう違うの?
という気になる点もあったので突撃…。


山神山人superlight02.jpg

メニューを見る限り、普通の山神山人と変わらない。


山神山人superlight03.jpg

店内は対面カウンター席のほか、テーブル席も多数。
割と広々としているが、ワタシの来店時には香港人観光客家族が1組いただけでした。


山神山人superlight04.jpg

「焦がし辛味噌盛り」(850円)を注文〜。


山神山人superlight05.jpg

麺はストレート細麺。
辛味噌の風味は若干マイルドで食べやすい。

2020年01月14日

らぁ麺かりん 西宮北口店@西宮市

らぁ麺かりん西宮北口店

「らぁ麺かりん」が阪急西宮北口駅北東側にある商業施設・アクタ西宮の西館1Fに1月10日オープンしました。
こちらのお店は尼崎市で夜は居酒屋を営業し、昼間だけラーメン店として営業していた「支那そば かりん」が移転する形で出店した常設店舗です。


らぁ麺かりん西宮北口店

メニューは御覧の通り。
店に入ってすぐのところにタッチパネル式の券売機があるので、まずは食券を購入し、席に着きます。
席はカウンター席とテーブル席を配し、子連れにも優しい対応〜。


らぁ麺かりん西宮北口店

「塩らぁ麺」を注文。
こういう形で出てきました。


らぁ麺かりん西宮北口店

単品で一杯850円はちょっと高いな〜と思ったけど、トッピングは鶏むね肉、鶏つくね、味玉、メンマなどいろいろ入っていますんで、この値段でも許容範囲と思われ。


らぁ麺かりん西宮北口店

すっきりとした味わいの塩味です。


らぁ麺かりん西宮北口店

中細ストレート麺。

らーめんえだ屋@西宮市

らーめんえだ屋

阪急西宮北口駅の西出口を出て少し歩いた場所にあるテナントビル。
この中で営業しているラーメン店が今日の目的地。
ちなみに甲子園球場の西・甲子園網引町にある居酒屋「えだ屋」が開いた2号店なのだそうだ。


らーめんえだ屋

「カームプラザ北口」の2.5Fにあります。
ちょっと変わった構造のテナントビル。
ワタシとしては、阪神大震災の頃までこのビル最上階にあった「トムソーヤの冒険」という喫茶店がナツカシイな。
さてさて、とりあえずビルの2.5Fまで上がって店内へ。
メニュー拝見。
「醤油らーめん」(780円)、「味噌らーめん」(880円)、「塩らーめん」(880円)といった感じで書かれています。


らーめんえだ屋

「醤油らーめん」にしました。


らーめんえだ屋

スープを飲むと、醤油の風味が強く出され、旨味もあるが、甘さが真っ先に感じる。
これは人によって好みが大きく分かれるかもしれない。


らーめんえだ屋

麺はやや硬めの歯触りある中細ストレートの全粒粉麺。
イイ感じです。