このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2004年08月28日

半田屋 三木店@三木市

残念ながら閉店しました

半田屋とは、杜の都・東北の仙台市を本拠とする大衆食堂チェーンで、東日本エリアにはいくつか店を出し、学生やサラリーマンなんかに人気のあるお店らしい。

半田屋 三木店

三木の店は新店ということもあってファミレスのような感じで(もともとはステーキワンがあった建物)、雰囲気的には京阪神のそこらじゅうにある「ザめしや」みたいな感じ。セルフ方式で各自好きなおかずを取っていき、レジで精算するシステムなのは学食スタイルです。
驚くべきことはその値段の安さで、ごはん(これがまた量が多い)、おかず2品、サラダ、みそ汁と注文して、物によっては500円でお釣りがあるというくらい安い。私も今回は煮込みハンバーグ(126円)、ご飯(小…84円)、とんこつラーメン(210円)と注文。500円玉でお釣りのある値段でした。

半田屋 三木店

ラーメンはレジで注文し、番号札を受け取りしばらく待ちます。番号が呼ばれたら受け取り台まで取りに行きます。
ラーメンは写真の「とんこつラーメン」のほか、醤油ラーメンもあり、値段はどちらも210円。はっきり言ってこのラーメンはスーパーで2食198円程度で売られている生麺を家で湯がき、添付のスープをお湯で溶かして作ったのとほぼ同じやつです。それでも紅生姜と少量ではあるけどネギ、メンマ、ゴマを加えているところは素晴らしい〜。
どのメニューも味は決して旨いと言えるレベルではない。けど、なんだかまた来たくなるから不思議。24時間営業なのでいつでも行ける便利さもあり。とりあえず一度は行ってみて損はありません。

半田屋 三木店

『生まれた時からどんぶりめし』のキャッチコピーと、おかっぱ頭の女の子のインパクトがすごい(^_^;)
posted by かもねぎ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

一代元 三木店@三木市

残念ながら閉店しました

半田屋だけでは少々食べたりなかったので帰り道の途中にある「一代元」にも立ち寄りました。

一代元 三木店

昼時と言うこともあるけど、一代元ごときで結構客が多いんでビックリした。

一代元 三木店

メニューは、あっさり東京風の醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、こってりした豚骨醤油ラーメン、豚骨塩ラーメン、豚骨味噌ラーメン、ピリ辛の韓国ラーメンなどメニューは多数あり、今回は豚骨醤油を注文。
明石で感じたみたいな業務用っぽい味は感じず、そこそこのラインは保っているらしい。ただ、メニューには「濃厚だ」「こってりだ」とか書かれていても、我々の思うコッテリと関西での一般的なコッテリでは表現に差がありすぎるのでやっぱり味は薄いんだけど。
上の写真は「豚骨醤油ラーメン」
posted by かもねぎ at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2004年08月15日

拉麺十手堂@三木市

残念ながら閉店しました

今年(2004年)7月オープンの新店。場所は神鉄緑が丘駅前。

拉麺十手堂

晩7時過ぎに着いて店に入ると若いカップル・老夫婦に家族連れと、ソコソコの客の入りだった。厨房とは隔絶されたカウンターに座り、メニューを見ると、和風ラーメン…600円、肉盛ラーメン…700円、味玉ラーメン…680円、チャーシューメン…800円など。基本の『和風ラーメン』を注文。

拉麺十手堂

ツルツルとした中細ストレート麺にスープは丼から香ってくるカツオの匂いから見て、カツオの他にイリコから取ったと思われる和風で、ちょっと甘さも感じるあっさり醤油味。黒いどんぶりだったので画像ではわかりづらいけど、チャーシューのほかに海苔もトッピングされとります。
上の写真…和風ラーメン600円。
カツオの風味が漂うすっきりした和風。サイドメニューに餃子や十手丼という物も(各250円)。
posted by かもねぎ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市