このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・

おかげさまで兵庫の鴨ラー日記は今年1月で開設10周年を迎えました

2019年08月10日

令和軒 三木小野インター本店@三木市

令和軒三木小野インター本店

三木市の国道175号沿いに、新たに「令和軒」という、令和の名を冠したラーメン店がこの8月にオープンです。
店の場所は、パチンコ店やオートバックスやネットカフェがある共用エリアにあり、これまでに食堂やお好み焼き屋、うどん屋、とんかつ屋と、この10年だけで見てもその変遷が激しいテナントです。
このお店、三木市内に拠点のある某運送会社が経営しているらしく、店内のあちらこちらにトラックの写真や関係品が並んでいる。開店祝いの花や物品も、三菱ふそう▲▲販売とか、トラック・運輸関連の関係先ばかりだったし(^^;。


令和軒三木小野インター本店

「中華そば」(700円)。
表の看板のどこにも和歌山ラーメンとは書いていないけど、「車庫前系」と出ているこちらのラーメンは車庫前系の和歌山中華そば。


令和軒三木小野インター本店

スープは神戸の丸高中華そばに見た目の感じも味も似ています。


令和軒三木小野インター本店

これはわりとイケてる中華そば。
三木小野インター本店と名乗ってるから、今後は各地に多店舗展開するのかな。



posted by かもねぎ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2019年04月25日

中華そば納屋 道端出張所@三木市

中華そば納屋道端出張所

中華そば納屋というと、175号三木バイパス高架の東の集落内にあった店でワタシも5年前に訪問していますが、いつの間にかひっそりと閉店したのちに今度は西へ数百メートル、今までの場所とは比較にならないくらい交通量も多い県道加古川三田線東這田交差点の西側に新築移転オープン。
今度の店は「道端出張所」とな?。
店主に聞くと、昨年(20018年)11月9日にオープンしたそうです。
駐車場の数も余裕の10台分を確保。思い切った出店だな〜。


中華そば納屋道端出張所

店内はカウンター席とテーブル席があります。
メニューを拝見。
中華そば一択なのも旧店舗時代と同じ。


中華そば納屋道端出張所

「中華そば・味玉入り」(700円)。


中華そば納屋道端出張所

麺は変わらず遠藤コンスの中太ちぢれ麺。


中華そば納屋道端出張所

スープも変わらず、やや甘めの播州系醤油ラーメンです。


posted by かもねぎ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2019年02月17日

三木SA上り線スナックコーナー@三木市

三木SA上り線スナックコーナー

山陽自動車道上り線側・三木サービスエリアのスナックコーナーに新たな刺客!。
その名は「世界一忙しいラーメン」。
お店は専門店ではなく、スナックコーナーの一ラーメンスタンド。
店名は無く、出されるメニューが「世界一忙しいラーメン」です。
ちなみにこれは大阪にある「人類みな麺類」と三木サービスエリア(上り線)とのコラボによって実現したラーメンとのことです。
ノウハウをサービスエリア運営会社に提供してるてことなんですかね。
西宮名塩サービスエリアの上り線のパターンと同じ扱いですね。
そうやってサービスエリアのラーメンのレベルが上がるのはイイことです(^^)。


三木SA上り線スナックコーナー


世界一忙しいラーメン
世界一忙しいラーメン

三木SA上り線スナックコーナー

「世界一忙しいラーメン」(850円)。


三木SA上り線スナックコーナー

濃い醤油味のスープ。


三木SA上り線スナックコーナー

これはなかなか旨いラーメン。
まあだけど850円って価格はちょっと気になるかな。


posted by かもねぎ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2017年11月30日

らーめん平八郎@三木市

残念ながら閉店しました

らーめん平八郎

こちらは三木市の志染駅近くに10月18日にオープンした店。
夜9時半の来店で先客1組2名のみで、ガラ〜ンとしていました。
メニューは、「吟醸醤油らーめん」(680円)、「ゆず塩らーめん」(702円)、「豚骨らーめん」(702円)など。


らーめん平八郎

写真は「味玉醤油らーめん+背脂入り」(820円)。



らーめん平八郎

スープは鶏、野菜、豚骨、魚介を使用したもので、なかなか味わい深いスープです。
背脂がさらにインパクトをプラスさせている、いわゆる背脂ちゃっちゃですね。


らーめん平八郎

歯ざわり良い中細ストレート麺。
このタイプのラーメンは個人的に好きです。



posted by かもねぎ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

らーめん琴壱家@三木市

琴壱家

三木市の神鉄粟生線志染駅界隈に11月15日にオープンした、北播磨エリアでは初となる家系スタイルのラーメン店です。オープンから2週間後の某日、午後9時前に行ってみると店内満席〜。
席が空くのを待つこと10分、ようやくグループ客が出てきて(この客らが長時間居座ってたっぽい)ようやく店内に入ることができました。
メニューは「醤油豚骨」「塩豚骨」「味噌豚骨」がそれぞれ750円。
券売機で食券を購入したら席に着きます。


琴壱家

写真は「塩豚骨」。


琴壱家

白濁のスープはちょうど良いあんばい。


琴壱家

もちもちの中太麺〜。
全体的に見てもそう悪くはありません。

posted by かもねぎ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2015年03月03日

房’s@三木市

残念ながら閉店しました


つけそばと深夜食堂 房’s

久しぶりに三木市の房’sへ。
前回来た時は深夜の3時くらいまで営業し、店名も「つけそばと深夜食堂 房’s」と名乗っていたのが、いつ頃からか深夜食堂をやめて、つけそば専門に絞りました。
だけど看板、のれん他、すべて今まで通り。
でも、当ブログでは『房’s』と表記させていただきます。


つけそばと深夜食堂 房’s

メニューです。前回と変わらず。


つけそばと深夜食堂 房’s

つけそば行きます〜。


つけそばと深夜食堂 房’s

ツヤツヤ麺。


つけそばと深夜食堂 房’s

今回のつけだれは、ごっつい濃厚。


つけそばと深夜食堂 房’s

からむからむ〜。
というわけで、今夜もごちそうさまでした。

そして今回も、店主が外までお見送りしてくれました(笑)。
しかも私の車が去るまで、ずーっと。(^_^;)

posted by かもねぎ at 21:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2015年02月23日

らーめん八角 三木店@三木市

らーめん八角 三木店

加古川での仕事があった帰り道、なんとなく三木まで遠回りして帰る途中に立ち寄ったのは、らーめん八角三木店。


らーめん八角 三木店

このメニューに注目です。


らーめん八角 三木店

「えび塩らーめん」(820円)。
えびのダシが効いてるとのことだが、それほどは感じません。


らーめん八角 三木店

プルプリのエビは2匹入ってます。


らーめん八角 三木店

あっさりした塩らーめんに、エビが入ったラーメンということで。
ごちそうさまでした。


posted by かもねぎ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市

2014年10月29日

つけそばと深夜食堂 房’s@三木市

残念ながら閉店しました


つけそばと深夜食堂 房’s

三木市の新興住宅街にあるお店で、以前は「さのき食堂 丼伝」という若き店主がやってたお店があったのですが、それがいつの間にやら閉店し、「つけそばと深夜食堂 房’s」というお店に。


つけそばと深夜食堂 房’s



つけそばと深夜食堂 房’s

メニューです。
つけ麺ではなく、「つけそば」と名乗るところにこだわりを感じます。


つけそばと深夜食堂 房’s

写真は「つけそば」。


つけそばと深夜食堂 房’s

麺は埼玉県の丸富製麺の太麺を使用しているようです。
歯ごたえのあるもっちり太麺です。


つけそばと深夜食堂 房’s

つけだれが濃いのでよく絡みます。


つけそばと深夜食堂 房’s

最後はスープ割りしてもらい、ごちそうさまでした〜。

お会計後、店主が外までお見送りしてくれました(笑)。
その際、駐車場所を聞いたら、店から東へ50メートルほど離れたグリーンビレッジ大村の駐車場に止めて構わないそうです。


所在:三木市大村1121
電話:0794-73-8919
営業:11:00〜14:00 18:00〜22:00  月曜定休
交通:神鉄粟生線大村駅から南西へ徒歩10分(約800m)


posted by かもねぎ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-三木市