このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2005年01月05日

むつみ屋 イオン姫路大津SC店@姫路市

残念ながら閉店しました

兵庫県内では過去に宝塚市内と神戸市内に出店していたことがあるので、今さら…という感じだけど、まだ食べたことの無かった「濃厚味噌ラーメン」を食べるために入る。


むつみや イオン姫路大津SC店

濃厚みそ専用に開発したみそダレに酒粕をブレンドし、今までにない濃厚なスープを実現…とある。スープを一口飲んでみると、確かに濃厚〜。クドさもない。けどまた食べに行きたい味ではなかった。サンプルの写真はスープが茜色に染まっていて、とても美味しそうに見えたけど、実際のスープは白っぽいというか何というか、旨そうに見えないわけなんですねぇ〜。それと値段は800円と、ちょっと高いこともまた行こうと思わせてくれないのです…。

拉麺ごっつう@姫路市

残念ながら閉店しました

 岡山から山陽線普通電車で英賀保駅に着いて、そこから姫路市営バスに乗る。目的地は昨年12月3日にグランドオープンした、イオン姫路大津ショッピングセンター。車無しだとここまで来るのが遠いんだな…(^_^;)
 ちなみにこのイオン姫路大津ショッピングセンター、一言でいうと「デカイ!」。専門店だけでも100あるそうですし。雰囲気としては、伊丹にあるダイヤモンドシティテラスから3階部分以上を取り去ったような感じの規模。ただ全体の敷地面積は8万6千平米で、これは伊丹のダイヤモンドシティテラスの6万1千平米より広いそうです。
 そのイオン姫路大津の中には、ラーメン店が3軒も入っているという。3軒も行けないので、そのうちの2軒に行ってみた。その1店目は「拉麺ごっつう」。専門店形式ではなくフードコート形式。ちなみにこの隣もラーメン店で、店名は「源火」だった。で、今回は「ごっつう」のほうを選んでみたワケ。
 香港つけ麺がウリらしいけど、あえて「豚骨しょうゆラーメン」にした。魚介系のダシの香りがプンプンとする鶏ガラ豚骨のスープでフードコートにしてはわりと本式。麺はヤワい目ではあるけどコシのあるストレート麺。今回はつけ麺をパスしたけど、やはり気になるということで、次回には隣の源火とともに再訪を予定〜。
拉麺ごっつう

2004年11月28日

山形ラーメン天童@姫路城下らーめん宿場町

残念ながら閉店しました

山陽電車に乗ってなんとなく西へ…。飾磨まで来た時に、再度、らーめん宿場町へ行って来よう!という気になって飾磨で山陽網干線に乗り換えて2つ目の夢前川駅で下車。そしてらーめん宿場町へと向かったかもねぎなのでした。時間は午後9時。すでにホームセンタームサシは7時半に閉店していて駐車場もガラガラ。2階に上がるとやっぱり人はまばらな状態でどの店も閑散としているのでした。
この天童は、はじめて食べたけども麺は結構おいしいし、スープも鯖節・鰹節の風味の効いた醤油味がこれまた結構良かったりして。
山形ラーメン天童

2004年11月03日

大井町ラーメン 姫路城下らーめん宿場町@姫路市

残念ながら閉店しました

とんこつラーメン「大井町らーめん」。東京の大井町を発祥とする本格とんこつラーメンの店なんだそーです。私はそんな店はぜんぜん聞いたことなかったし、何冊か手持ちの東京ラーメン本をパラパラとめくって見ても、大井町らーめんなんて店は出ていない。

大井町ラーメン 姫路城下らーめん宿場町

メニューは、塩とんこつ、醤油とんこつなどがあり、今回は塩とんこつを選択。
麺はほどほどの中細ストレート麺に、ほどよく薄い味のあっさり白濁トンコツスープ(パンフには「こってり度」が高く記されているが…)。ネギは太ネギ、そして飴色した液体の正体は「マー油」。このマー油がドロ〜リとかけられていてこのラーメンの風味を強くしている。でも全体的に見て、なんか物足りない感じ〜。
写真は「塩とんこつ」。値段忘れた。

麺将正吉 姫路城下らーめん宿場町@姫路市

残念ながら閉店しました

晩になってからは姫路へ出向きました。土曜・日曜は相当混んでいるというホームセンタームサシへ。さすがに午後8時を過ぎると駐車場ガラガラ。ホームセンターが7時半閉店だということもありますが。てなわけで姫路らーめん宿場町へ再訪です。
ここは福岡を本拠とするラーメン店らしいが、とんこつラーメンが多い中、ここのはしょうゆラーメンがウリになっているそうです。豚骨・鶏ガラ・そして伊勢エビのダシを使っているというスープ。伊勢エビラーメン1800円という高貴なメニューがあったりする。貧乏な私は、普通のラーメン(600円)で済ませました。
麺将正吉 姫路城下らーめん宿場町

メニューは他にも、あぶりチャーシューメン…800円、正吉ラーメン…850円などがあり。
麺はストレート細麺でスープもあっさり目。フムフムフム。このラーメンで唯一良いのがプリプリっとした脂身のあるチャーシュー。これは香ばしくてウマイ。しかし、値段も安い普通のラーメンだと全体の量はもちろん、具がとても少なく、なんとも寂しいラーメンだこと…。
写真は「ラーメン」。

2004年10月26日

らーめんさんぱち 姫路城下らーめん宿場町@姫路市

残念ながら閉店しました

パンフによれば、札幌で行列のできるラーメン店だそうです。評判の味噌ラーメンは、濃厚でありながらあっさりとしたスープと、北海道産の小麦粉を使用した中太ちぢれ麺の相性がバッチリ…とのこと。ということで、ちょっと期待して入ってみた。
メニューは、みそたまラーメン…730円、昔風ラーメン…650円、醤油チャーシュー…850円、塩バターコーン…850円などいろいろ。

らーめんさんぱち

みそたまラーメンは、味噌ラーメンに味玉が入っているメニューで、味噌味のスープは濃厚さが無く、結構あっさり気味。北海道の店へ行った人のレポでは、水で薄めたくなるほど濃い…と書かれてたんで期待していたのに…。やはり播州テイストに味を薄くしたか?? とにかく全体的な味も期待していたほどではなかった。まあ、ウマイかマズイかといえば美味しい部類なんだけどもね。ちなみに6店舗ある中で、この「さんぱち」だけが行列でした。
写真は「みそたまラーメン」。

らーめんさんぱち



筑豊ラーメン山小屋 姫路城下らーめん宿場町@姫路市

残念ながら閉店しました

前々から気になっていた店だったので、今回の第一店目としてGO〜!
筑豊らーめん山小屋は、福岡県筑豊を本拠とするラーメンチェーン店で、かつては大阪のミナミにも出店していた時期があったと思う。今回この姫路城下らーめん宿場町に来て最初の一店目に「山小屋」を選択。
まずは食券券売機で…。
昭和(むかし)ラーメン…800円、トントロチャーシューメン…900円、特製山小屋ラーメン…900円、とんこつ味噌ラーメン…800円・・・・・。この値段の高さは何?…というこって一番安い「ラーメン」…600円にする。

筑豊ラーメン山小屋

口当たりが良く、コクのあるトンコツスープ。濃厚だと書かれているけど、そんなに濃い味ではない。細麺はコシがあってまあまあ良い感じ。個人的には好きな味だけど、もっと濃厚にしてくれたほうがイイなぁ〜と。
なお、今年1月11日からは、らーめん宿場町全体の営業時間が1時間早まって午後9時までになったそうです。たしかに、晩8時くらいになると閑散としているから…。これは夜の7時半でホームセンタームサシが閉店してしまうのがイケナイ。
写真は「ラーメン」。

姫路城下らーめん宿場町@姫路市

残念ながら閉店しました

姫路城下らーめん宿場町


ジャパンラーメン高嶋のオヤジさんから、広畑に『らーめん宿場町』というのが今日オープンだと教えてもらいました。掲示板でもその話は前々から出ていたけど。この日だったとはつゆ知らず…。というかすっかり忘れておりましたわ・・・。そんなわけで、ジャパンラーメンで食べたあと、早速山陽電車で最寄り駅である夢前川駅へ向かったワケでして。しかし、またなんで姫路のようなところにこういう施設を作ったのでしょうかね〜。てなワケで、播磨のラーメン王であるち〜ぷさんも来られるみたいなので、ち〜ぷさんとも現地で合流〜。

 ちなみに入ってるテナントは、九州筑豊ラーメン山小屋(福岡)、中華そば麺将正吉(福岡)、尾道らーめん柿岡や(広島)、とんこつラーメン大井町ラーメン(東京)、山形らーめん天童(山形)、らーめんさんぱち(北海道)の6店です。


姫路城下らーめん宿場町


 場所は…姫路市広畑区夢前町3丁目1-7 ホームセンタームサシ2階。
 国道250号線沿い、新日鐵病院南側・イトーヨーカドー広畑店の東のほう。電車で行った場合は、山陽電鉄網干線の夢前川駅下車、南へ徒歩3〜4分くらい。土日は周辺道路が大渋滞してるんで覚悟を。