このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・

おかげさまで兵庫の鴨ラー日記は今年1月で開設10周年を迎えました

2018年12月03日

豚骨麺屋一番軒 三田店@三田市

一番軒三田店

以前からこのブログのコメント欄で告知していましたが、三田市横山町の八景中学校前交差点近くにあった大金星がリニューアルし、名古屋を拠点に展開している一番軒三田店に生まれ変わりました。
グランドオープンは11月21日で、一番軒としては関西初出店となります。また、一番軒三田店の店舗運営は、従来の大金星や博多麺々、博多ラーメン六寶などを傘下に持つ外食企業「福助グループ」です。
午後10時過ぎの来店で、駐車場は11台分あるが、ほぼ満車でした。しばらく待って退店客が出て、ようやく1台空いたのでそこに車突っ込み入店完了。
店内はカウンター席とテーブル席が多数あり、ざっと見た感じで40席分以上はあるでしょうか。しかもテーブル席はほぼ満席の大盛況です。


一番軒三田店

メニューです。
白・黒・赤と3種の豚骨ラーメンがあるのと、煮干トン、辛味噌豚骨の5種類。一番人気は「黒豚骨」なんですかね。


一番軒三田店

ベーシックな「黒豚骨ラーメン」(700円)を選択。
おお!。これはなかなかワイルドな風貌です。


一番軒三田店

スープを一口。
白豚骨スープにマー油を加え、さらにコク深くなったクリーミーなスープ。
いい味わいです。


一番軒三田店

麺は低加水の博多麺か、多加水の中華麺のどちらかを選べ、麺の硬さも選択できます。何も選択しなかったら博多麺になるようす。写真は博多麺です。
セットメニューも味のバリエーションも豊富だし、また来ようかな〜と思わせてくれる店ですね…。


お店のデータ
【所在】三田市横山町9-26
【電話】079-555-6611
【営業】11:00〜15:00、17:00〜24:00(土日祝は通し営業)
【定休】なし
【座席】カウンター12席、テーブル36席
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【駐車場】11台
【最寄り駅】神戸電鉄三田線横山駅から東へ徒歩約7分
【最寄りバス停】神姫バス・阪急バス「八景中学校前」下車
【アクセス】国道176号八景中学校前交差点から県道17号西脇三田線を進んですぐ左側
【その他】


posted by かもねぎ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

2018年11月06日

中華そば わらべ@三田市

中華そば わらべ

三田の青野ダム・千丈寺湖畔にある中華そばわらべへ今回で2度目の訪問。昨年10月のオープンから1年が過ぎ、訪れるお客さんもちょっとずつ増えているようです。
この日は午前11時の開店と同時に来たので私が一番乗り!。


中華そば わらべ

今日はこれらを注文です。


中華そば わらべ

写真は「中華そば」(680円)。


中華そば わらべ

播州ラーメン系統のラーメンを上手くアレンジしているスープで、純粋な播州ラーメン独自の甘みのあるスープではないので、播州ラーメン嫌いな人でも安心して食べられる…かな?。


中華そば わらべ

強いインパクトや特徴はないけど、ホッとする味ですな。


中華そば わらべ

そして、もう一品の「ミニチャーシュー丼」。
これもまた(゚д゚)ウマー。
今後は新メニューや限定メニューの登場に期待します。

posted by かもねぎ at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

2018年10月09日

ラーメン&パルゆうじろう@三田市

ラーメン&パルゆうじろう

三田市南が丘のラーメンゆうじろうが昨年9月から休業状態でしたが、今年4月から「ラーメン&パルゆうじろう」としてリニューアルオープン。
最寄り駅は神戸電鉄横山駅。
三田市西山にある「ラーメンゆうや」の系列店です。


ラーメン&パルゆうじろう

店の中は倉庫のような趣きです。
カウンターのみで15〜6席くらいあるかな?。割と広い目です。
酒提供店としては珍しく全席禁煙になっていて、タバコ吸う時は外に出ていかなくてはならんという、タバコ吸わない人には嬉しい環境ですが、店の出入口前に灰皿が置かれ、喫煙者はそこでタバコ吸いまくっているので店の出入りの際の煙害は避けられませんが…(^^;。


ラーメン&パルゆうじろう

ラーメンメニューは「鍋ラーメン」で、「胡麻味噌ホルモン」と「旨塩鶏白湯」の2種類あります。
ほな、「胡麻味噌ホルモン」にしましょか。


ラーメン&パルゆうじろう

注文後、しばらくしてIH調理器と鍋が用意されて出てきました。


ラーメン&パルゆうじろう

鍋の重い蓋を開けると、ご覧のように、スープとホルモン、モヤシ、ニラなどの具材が入っています。それをIH調理器でぐつぐつ煮るわけですね。


ラーメン&パルゆうじろう

麺は別になっていて、これは鍋の中の具材が煮えたところで麺を入れるようです。


ラーメン&パルゆうじろう

そして鍋に麺を入れて、さらに煮ていきます。


ラーメン&パルゆうじろう

は〜い、出来上がりです〜。


ラーメン&パルゆうじろう

小皿にとって食べていく。
これ、意外と旨い。


ラーメン&パルゆうじろう

旨辛スープもGOODです。


ラーメン&パルゆうじろう

ホルモンもいい具合です。


ラーメン&パルゆうじろう

麺はツルツルの喉越しの良い平打ち麺を使用。
麺を食べ終え、最後に残ったスープにご飯と生卵を投入して軽く煮込んで、雑炊のように食べるのもおススメとのことだったが、腹いっぱいだったのでやめときました。ちょっと残念。


ラーメン&パルゆうじろう

ラーメン&パルとして、飲む店として使えるお店ですが、飲まずにラーメンだけでもOKなので、是非。


posted by かもねぎ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

2018年09月26日

ラーメン藤 三田店@三田市

ラーメン藤 三田店

三田市に今年9月に国道176号沿いにオープンした「ラーメン藤」へ来店。
ラーメン藤は京都を本拠に近畿・北陸各地に展開しているチェーン店ですが、この三田店はかつて国道176号沿いの近くのパチンコ店そばに出店していて、それが2013年に閉店していたのが、5年後にまさかの復活。
ちなみに私は20年近く前に、以前の店に来店したことがあります。
今度の店は真新しく、カウンターとテーブル席が備わり、家族連れにも安心。


ラーメン藤 三田店

メニューはご覧の通り。


ラーメン藤 三田店

「しょうゆラーメン」(700円)。


ラーメン藤 三田店

すっきりとした醤油味のスープ。

ラーメン藤 三田店

麺の茹で加減も絶妙にスープとマッチ。
懐かしいラーメン藤の味、堪能しました。


posted by かもねぎ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

recette(ルセット)@三田市

recette

この外観で、このフランス国旗が出されていると、ほとんどの人はフレンチの店だと想像しちゃいますよね。しかし、その実態はラーメン店なのです。
こちらは三田市の神鉄三田本町駅そばにあります「recette」というお店。「ルセット」と読むそうで、意味は英語の「レシピ」(調理法)と同じだそうで、今年8月6日にオープンしました。


recette

予備知識・情報は、おおさか遊食探究のあまがさきのおおさか氏の記事で得ていたので、戸惑うことはありませんでした(^^)。
店内に入ると、正面に券売機が置いてあるんで、そこで食券を購入。
そして8席ある木製のL字カウンターに座ります。
店内は広くはないけど、明るくお洒落な雰囲気です。
ちなみにメニューは「醤油Ramen」(800円)、「塩Ramen」(800円)、「アメリケーヌ(海老トマト)」(900円)の3種のラーメンと「三田肉ラグー丼」(1200円)、サイド(セット)メニューとして「Ragout-rice」と「Rizotto」(各200円)といったラインナップ。
醤油Ramenは、厳選された三田牛の骨と肉とすじを贅沢に使用し、時間をかけて丁寧に引き出す本格フォンドヴォースープのしょうゆラーメン。
一方の塩Ramenは、白身魚から時間をかけて丁寧に取り出したフィメドポワソン×ボルチーニ茸のフォンドヴォーダブルスープの塩ラーメン。
そしてアメリケーヌは、オマール海老から取った濃厚エビ味噌にトマトと合わせた極上スープだそうです。


recette

窓際にはワインのボトルがずらりと並んでいます。


recette

今回注文したのは「醤油Ramen」(800円)。


recette

スープはフォンドヴォー仕立てのコクのある味わい。


recette

コシのある平打ち縮れ麺も良いあんばい。
残る塩と海老トマトも食べなくては!。
(その後、お店は昼営業が無くなって夜のみの営業になりました。)

お店のデータ
【所在】三田市相生町21-12
【電話】050-1523-9405
【営業】18:00〜22:00
【定休】火曜日
【座席】カウンター8席
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【駐車場】なし。近辺のコインP利用
【最寄り駅】神戸電鉄三田線三田本町駅から徒歩約1分
【最寄りバス停】神姫バス・阪急バス「三田本町」バス停下車
【アクセス】
【その他】


posted by かもねぎ at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

2018年07月30日

麺屋七宝@三田市

麺屋七宝

三田駅の北口から徒歩数分の場所に、今年7月1日にオープンしたお店。
三田駅近くの中国料理店がやってるお店だそうです。


麺屋七宝

メニューは御覧の通り。
私が来た時は、中華そばは売り切れだと言われた。
じゃあ選択肢は鶏白湯しかないわけで〜。


麺屋七宝

炊き込みご飯もあるんですね〜。じゃあそれも…。


麺屋七宝

「鶏白湯拉麺」(税別で890円)。
ちょっと価格は高めの設定です。


麺屋七宝

炊き込みご飯。
ちょっと具が少な目…。


麺屋七宝

濃厚さを売りにした鶏白湯が世間では多い中、こちらのはスープはあっさりと、さらりと飲みやすいやつなんで、濃厚なんが苦手な方には良いかと思われ。


麺屋七宝

麵もいい感じ。


麺屋七宝

残ったスープを炊き込みご飯の器に入れて、おじや風にして食べるのもイイ〜。
ごちそうさんでした。


posted by かもねぎ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

武内製麺@三田市

武内製麺

三田市南が丘の一角にある武内製麺は、かつて男のラーメンでお馴染みの神戸ちぇりー亭の本店(1号店)があった場所。神戸ちぇりー亭を閉じて武内製麺という製麺屋になったのですが、その製麺所で作られた麺を使ったラーメンも食べられるというアンテナショップ的な店です。
社長の姓が武内氏なんで、武内製麺なわけですな。
メニューは「本格博多豚骨ラーメン」(486円)、「濃厚豚骨醤油ラーメン」(486円)、「昔懐かしの中華そば」(486円)、「チャーシュー麺」(626円)といったラインナップで、他にも糖質70%オフの糖質オフ麺にすることもできます。


武内製麺

写真は「濃厚豚骨醤油ラーメン」。
500円でお釣りがあるリーズナブルなラーメンですが、トッピングが寂しいってわけでもなく、味玉半分も加わってます。


武内製麺

スープもなかなか良い感じ。


武内製麺

店が家の近くにあったら時々は立ち寄りたいレベル(^^)/。


posted by かもねぎ at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市

2018年02月18日

噂のチャンポンしんのすけ@三田市

噂のチャンポンしんのすけ

国道176号新三田駅前交差点北東角にあった「旨いらーめんゆうや」が、昨年の11月に三田市内の西山に三田スープ工房店として移転し、そのあと同じゆうや系列の「噂のチャンポンしんのすけ」が今年1月2日にオープンしました。


噂のチャンポンしんのすけ

メニューに書かれている「こだわり」。


噂のチャンポンしんのすけ

メニューです。


噂のチャンポンしんのすけ

普通に「チャンポン」でいきま〜す。


噂のチャンポンしんのすけ

スープは豚骨と鶏ガラを合わせた口当たりの良いあっさりしたスープ。


噂のチャンポンしんのすけ

麺は平打ちの太麺です。
正直、基本のチャンポンだと野菜の量が少なく感じます。
麺量そのままで野菜の量多めの注文って、大チャンポンとは別にしてできないのかな。


お店のデータ(2018年5月から)
【所在】三田市福島471-3
【電話】090-6737-0401
【営業】11:00〜24:00
【定休】不定休
【座席】カウンター席
【喫煙】未確認
【車いす】未確認
【駐車場】10台分完備
【最寄り駅】JR新三田駅から徒歩約3分
【最寄りバス停】神姫バス「新三田駅」または「大原口」バス停下車
【アクセス】国道176号新三田駅前交差点北東角。駐車場は新三田駅前交差点から東へ、北摂里山街道へ入ってすぐに入口があります。わかりにくいので注意。



posted by かもねぎ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市