このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・

おかげさまで兵庫の鴨ラー日記は今年1月で開設10周年を迎えました

2004年03月06日

和風らーめん如意棒@神戸市長田区

残念ながら閉店しました

昨年11月のオープンから試行錯誤していたみたいだったけど、 3月7日からメニューを一新してリニューアルオープンするという。その前日の3月6日(土)に『100年前の味がよみがえる。日本最古の醤油ラーメンを再現』という特別イベントが実施され、食べに行ってきました。
この特別イベントは福島県郡山市にて「トクちゃんらーめん」を経営する小島進氏が発案した企画なんだろうけど、ご本人も来られて厨房で作業しておられました。ちなみに如意棒の店主と、このトクちゃんラーメンの店主との繋がりは何かと言うと、如意棒の店主はサラリーマンを辞めて、3ヶ月かけて北海道から実家のある明石までを自転車で走り、その間のラーメン店200軒を野宿しながら巡ったのだそうです。そして福島県郡山で食べに入った「トクちゃんらーめん」の味に感動し、それ以来、店主の小島氏と親しくさせてもらっているとのこと。

和風らーめん如意棒

で、この日にしか食べられないと言う特別なラーメンのお味ですが、動物系スープと魚系のダシとが混ざり合った、あっさり醤油味。生姜の味が効いていてスッキリした感じがする。麺は昔なつかし系の中華麺。具もいたってシンプル。総合的に見て老舗ラーメン店だとか食堂とかで出てきてもおかしくないようなラーメンだけど、 100年前の味は、もっと不味かったんではないだろうか…と思ってしまった。麺にしてもスープにしても、やっぱり美味しく食べてもらわないとなんないので、現代風のアレンジも入ってしまわないと…。

和風らーめん如意棒

写真は100年前のラーメン(1杯500円)。イベント企画だったので当然、このラーメンはもう食べられませんので念のため…。
なお、今回のイベントの売上金の一部(5万円)は、神戸新聞社を通じて社会福祉に寄付するとのこと。翌日からは心機一転リニューアルの一般営業開始。どんなメニューがあるか、また食べに行かなくては…。

和風らーめん如意棒

posted by かもねぎ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市-長田区