このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2013年01月03日

らーめん八角 加古川店@加古川市

らーめん八角 加古川店

加古川に来て、明姫幹線沿いにある八角加古川店へ、なんとなく来店。


らーめん八角 加古川店

リニューアルってことでこのメニューに注目。
では、さっそくソレ注文!。


らーめん八角 加古川店

写真は「豚骨しょうゆらーめん」(730円)。
トッピングには、チャーシュー、ネギ、モヤシ、海苔、味玉など。


らーめん八角 加古川店

スープは豚のゲンコツをコトコト煮込んだものですが、いわゆるライト豚骨スタイルの味ですね。この系統が好きな人は多いので、一般受けする無難な味かな。


らーめん八角 加古川店

これまでの八角らしい味ではなく(昔からの八角で出されるラーメンのイメージは、やっぱり醤油色した醤油ラーメンですから)、少しだけ変化球出してきたな〜って感じがするラーメンです。
ただ、味玉を入れて730円っていう価格設定にしているんでしょうが、この味玉不要の設定で630円で提供してくれたらなぁと思います。


【おもなメニュー】
八角らーめん・・・・600円
とろみこってり・・・・700円
豚骨しょうゆ・・・・730円
ちゃーしゅー麺・・・・850円
ばり辛らーめん・・・・780円
姫路らーめん・・・・650円
絶品和風味玉らーめん・・・・700円
野菜らーめん・・・・780円
塩らーめん・・・・680円
味玉味噌らーめん・・・・780円
油そば・・・・680円



お店のデータ
【店名】らーめん八角 加古川店
【所在】加古川市加古川町南備後39-1  Yahoo地図
【電話】079-423-9077
【営業】11:30〜翌3:00
【定休】無休
【座席】カウンター席、テーブル席
【喫煙】OK
【車いす】入口に段差あり入退店時に要介助。店内はカウンター席で対応OK
【駐車場】完備
【最寄り駅】山陽電鉄尾上の松駅から徒歩約15分(約1.2Km)
【最寄りバス停】JR加古川駅から神姫バス播磨町行き、高砂行きに乗車し「南備後」バス停下車、徒歩約3分(約250m)
【アクセス】明姫幹線(国道250号線)南備後交差点から姫路方面へ約200m(姫路方面への側道沿い)。
【その他】



posted by かもねぎ at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2013年01月01日

らぁめん工房 御三家@加古川市

残念ながら閉店しました

らぁめん工房 御三家

加古川市の明姫幹線沿いにあるホームランスタジアム メガコート内にある「らぁめん工房 御三家」は、2005年に希望軒ホームランスタジアム加古川店としてオープンしたのが始まり。2007年4月の希望軒が民事再生法適用を受け、事実上倒産したのをきっかけにフランチャイズから外れ、現在の店名になったものと思われますが、その詳しい時期は不明です。
そういう経緯から店の内装やメニュー、食器などにも希望軒時代の名残がところどころに見られますが、他の希望軒からの独立系店舗(例えば、三木の「ホっポ屋」、神戸の「みなと軒」、宝塚の「ラーメンはなてん」など)と比べれば、その名残は少な目で、脱希望軒で独自性を出してきていると感じました。


らぁめん工房 御三家

メニューはこんな感じです。
中華そば、あっさりとんこつが各550円と安い!


らぁめん工房 御三家

濃厚とんこつ(590円)。
国産豚のゲンコツを16時間じっくり煮込んだスープは表面に油膜があり、見た目オイリーだけど口当たりも良く味わい深い。


らぁめん工房 御三家

自家製麺とのことだけど、これもわりと良い麺です。
あと、この店の大きな特徴は、替え麺(いわゆる「替え玉」)が無料である点。
ラーメン単価を高くして替玉無料を謳っている店が多い中、1杯550円のラーメンで替え麺無料ってのは自家製麺だから成せる技でもあるのでしょうが、なかなか太っ腹であります。


お店のデータ
【店名】らぁめん工房 御三家(らぁめんこうぼう ごさんけ)
【所在】加古川市尾上町安田351-1 ホームランスタジアム メガコート1F  Yahoo地図
【電話】079-456-2130
【営業】平日…11:30〜16:00、17:30〜翌1:00 土日祝…11:30〜翌2:00
【定休】無休
【座席】45席(カウンター9席、テーブル4人×3卓=12席、座敷6人×4卓=24席)
【喫煙】時間帯分煙で、昼間ランチタイム時間帯のみ禁煙
【車いす】OK
【駐車場】完備
【最寄り駅】山陽電鉄浜の宮駅から、駅西側(姫路寄り)の踏切を渡り、川を渡ってすぐの川沿いの道を左へ曲がり、300mほどでホームランスタジアムの裏口があり、そこから施設内へ入ることができます。徒歩約12分(約1.0Km)。
【最寄りバス停】かこバス別府ルートで「浜の宮駅北」バス停下車、北へ徒歩10分(0.8Km)
【アクセス】明姫幹線(国道250号線)安田東交差点から西(姫路方面)へ約200m
【その他】


posted by かもねぎ at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2010年08月07日

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店@加古川市

残念ながら閉店しました

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

加古川市南西部のサザンプラザ内にある「スープ屋豚まるらーめん処」です。
ここはかつて、吉野家系の五条弁慶というラーメン屋があった場所でしたが、吉野家がラーメン店業態を撤退してからもずっと空きテナントになったままでしたが、2009年秋に、ようやくこの店が入ってきました。
ところでこの豚まる、豚のロゴが大阪福島のJR神戸線北側にあった(店はすでに閉店)とんこつラーメンの豚まるのロゴと同じなのだ。
福島の、あの豚まるがやっているお店なんだろうか?
あとで調べたら、滋賀県内に「創作豚まるらーめん処」という店があるらしい。

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

業態としてはラーメン店にあたるけれど、出してるメニューの中でも、もつ鍋を主力としている感じがしました。
普通のラーメンも各種揃っているけど、この写真に出てるような「もつ鍋ラーメン」なんてのもあります。
看板メニューであるもつ鍋のラーメン版で、独特の材料を使っているワケでもないのに、なぜか10食限定になっていますが、それを注文してみます。
値段は980円、ちょっと値が張りますな。


スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

こういう感じで、土鍋の蓋つきで出てきました。


スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

もつ鍋ラーメンです。
土鍋の蓋を開けると、アツアツの煮込みラーメン。

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

スープは、丸鶏と豚骨を合わせたスープで、鍋にあったあっさりテイスト。

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

麺は、煮込んでも延びにくい多加水ストレート麺。

スープ屋豚まるらーめん処 加古川店

牛モツも数切れ入っています。

【おもなメニュー】
豚まる特製もつ鍋ラーメン・・・・980円
豚まる特製赤もつ鍋ラーメン・・・・1000円
豚まる特製赤鍋らーめん・・・・980円
豚まる特製チャンポン・・・・800円
しょうゆとんこつらーめん・・・・600円
とんこつらーめん・・・・600円
とんこつ魚介らーめん・・・・600円
赤玉らーめん・・・・700円
ネギだらけめん・・・・750円
花びらチャーシューメン・・・・850円
花びらチャーシューメン・・・・850円
花びらチャーシュー味玉メン・・・・950円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 17:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2010年03月13日

ラーメンとん太 権現湖PA店@加古川市

残念ながら閉店しました


ラーメンとん太権現湖PA店ラーメンとん太権現湖PA店

全国にチラホラと店舗展開しているラーメンとん太の一店舗。
山陽自動車道上り線・権現湖パーキングエリアにも店があります。
高速道路のSA・PAにあるラーメン店って言うと、その多くがフードコート形式で他業態店とテーブル席が共同になっているパターンが多いけど、ここ、ラーメンとん太は、独立した店舗になっています。

まず、入口にある食券券売機で食券を購入し、カウンターに出します。そして自分の番号が呼ばれたら注文品を取りに行くというセルフスタイル。


ラーメンとん太権現湖PA店

味噌ネギらーめんを注文〜。
具にはチャーシュー、タマネギのみじん切り、半熟味玉、ワカメ、紅ショウガと、ラー油を絡めた白ネギがトッピング。
ピリ辛のネギに味わいのある味噌とがうまくマッチしたラーメンです。



ラーメンとん太権現湖PA店ラーメンとん太権現湖PA店

ちなみに、山陽道上り線の権現湖PAは、山陽道からだけでなく一般道側からも自由に出入りが出来ます(駐車場もあります)。
私も今回は、一般道側から行ってきました。


【おもなメニュー】
とんコク醤油めん・・・・750円
味噌ネギらーめん・・・・780円
チャーシューメン・・・・850円
塩らーめん・・・・700円
赤コク味噌めん・・・・680円
吟醸醤油めん・・・・650円
懐かし醤油ラーメン・・・・500円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2009年12月23日

翁介@加古川市

翁介

加古川において、翁介を知らない加古川人はほとんどいないくらい地元では有名な中華そば屋さん。その創業は昭和23年(1948年)だから、もう60年が過ぎる老舗中の老舗です。
店は昭和57年(1982年)に再開発ビルであるサンライズビルの地下にテナントとして入って以来、30年近く現在地で営業を続け、7〜8年くらい前までは暖簾分けしたお店や独立店が市内各地に数店舗あったけど、今現在、翁介を名乗る支店・分店、それに直系店はありません。
ちなみに、惜しまれつつ数年前に閉店した市内の中華そば店「いさちゃん」も、初代店主は、この翁介で働いていた人でした。

さてさて、初めて翁介を訪れようとする人は、『こんな寂れたゴーストタウンのようなビルの地下に、本当に人気老舗店があるのか〜?』と、ギモンに思ってしまうことでしょう。実は私も最初、加古川在住の知人に連れられて初めて来たときはそう思いました(笑)。
ひっそりとしたビル地下の奥にある翁介、それほど広くないお店は、そこだけいつも地元の常連さんで賑わっています。


翁介

店に入って、壁に掲げてあるメニューの価格を見ると「おお!」とビックリ。
いまどき中華そばが430円なのです。
ちなみに私が初めて来た15年前は350円だったのですが、その後2度にわたる値上げで今現在、430円になってるわけですが、それでも安いですね。

ちなみに、各ラーメンに120円プラスで、白ご飯とふりかけがセットになった定食にできます。


翁介

オーソドックスに「中華そば」を注文。
あっさり気味だが鶏のダシが感じる醤油味のスープ。
この味は昔と変わらず。


翁介

麺は相変わらず、ヤワヤワ〜、ヤワすぎです。
でも、翁介だから許せるのが不思議。
しかし、中には許せないという人もいますけど・・・(^_^;)。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 18:48 | Comment(10) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2009年12月01日

麺工房おおにし@加古川市

麺工房おおにし

車がないと、ちょっとしんどい場所なので、なかなか行く機会が無かったお店なのですが、仕事で明石方面へ来ることがあったもので、少し足をのばして加古川へ。そして麺工房おおにしへ、初来店です。

この麺工房おおにしは、大西食品という製麺会社がやってる麺専門店。ラーメンだけでなく、うどん、そばもメニューに出しています。
製麺会社がやってるってことからもおわかりの通り、アンテナショップ的な役割も兼ねて2006年にオープンしたお店です。
店は加古川工業団地の一角にあり、周辺は工場や倉庫が建ち並んでいるような立地。こんな場所だから営業時間も昼間の数時間だけで、周辺の工場・倉庫の従業員らが主なお客さんなのでしょう。

店内はカウンター席やわりとキャパあります。
来店時間が平日の正午前だったので客は私を含めて3人だけでした。
とりあえずテーブル席に座って注文します〜。注文品は「醤油ラーメン」。
この他にもとんこつ醤油ラーメン、ちゃんぽんといったラーメン系メニューのほか、うどん、そば、やきそばと、麺オールマイティー。

麺工房おおにし

注文した、醤油ラーメンが出てきました。
鶏ガラと鰹ダシを合わせた、なかなか味のスープです。

麺工房おおにし

麺は自社製の中太ストレート麺で柔らかめですが、もっちり感のある麺。
遠くからわざわざ食べに行くほどの物ではありませんが、近くに来たら立ち寄って食べてもよい、味わいのあるラーメンでした。

【おもなメニュー】
醤油ラーメン・・・・550円
とんこつ醤油ラーメン・・・・550円
ちゃんぽん・・・・780円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 12:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2009年09月18日

博多金龍 加古川池田店@加古川市

博多金龍 加古川池田店

博多金龍は、福岡県を中心に九州や山口県などで店舗展開しているラーメンチェーン店です。私は食べに行ったことは無かったけど、山口県内でこの店を見かけていて店の存在だけは知っていましたが、その博多金龍が7月15日に関西初進出。で、しかも選んだ先が加古川市内だというのは・・・。
加古川市の南西部にある総合ショッピング施設「サザンプラザ」の敷地内にあるこの店の立地は、かつて和風ちゃんぽん堂、そしてその前には来来亭加古川店があった場所。さらにこの店の北隣もラーメン店(吉野家系の五条弁慶)でしたが、そちらも早速と撤退しています。そんな場所でのラーメン店新規開業って、どうなんでしょう?

博多金龍 加古川池田店

メニューを見て、まずビックリなのがその値段。
とんこつラーメンは320円です。
この低価格実現には、麺やスープの工場一括生産などのコスト削減が実を結んでるんでしょうけど、しか〜し、大盛が+180円と、元の値段の5割以上アップするというのは(笑)。
あと、煮玉子110円とか、トッピングの割安感が無いし・・・。

博多金龍 加古川池田店

これが320円で出されている、とんこつラーメンです。
低価格ゆえにトッピングは寂しいけど、これくらいで良いのです。

博多金龍 加古川池田店

味は価格相応。でも、これを500円で出さず320円で提供とはスバラシイと思う。この程度の物を500円くらいで出す店は多いはずですし、これもコスト削減の賜物ですかな?

博多金龍 加古川池田店

ムダなコストを削減して低価格実現ってことですが、高菜、紅ショウガ、生ニンニクが好みで入れられるサービスがあるのはポイント高い。
今回は、おなかすいてたんで、ラーメンと半チャーハン餃子セットで注文しました。ラーメンの価格に+460円で小盛のチャーハンと餃子がつきます。ちなみに半チャーハン単品で280円、餃子は単品で190円で合わせると470円。
ん? たった10円しか割り引いてないんかい!!(゜Д゜)

【おもなメニュー】
とんこつラーメン・・・・320円
やみつきラーメン・・・・410円
とんこつ醤油ラーメン・・・・410円
塩とんこつラーメン・・・・410円
鶏ガラ醤油ラーメン・・・・410円
もやしラーメン・・・・530円
チャーシュー麺・・・・720円
辛口ねぎラーメン・・・・510円
金龍そば(汁なし)・・・・510円

替玉・・・・110円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-加古川市

2008年09月23日

博多ラーメン片岡屋@加古川市

国道2号線の東加古川交差点からちょっと東のところに最近出来た博多ラーメンの店。カウンター席が10席くらいと、テーブル席が数席配置されてて、店内はまあまあの広さ。

片岡屋

メニューはこんな感じ。基本のラーメンをはじめ、チャーシューメン、ワンタンメン、明太子ラーメンなど。
麺のかたさも本場の博多ラーメン並に選べます。私は「かため」で注文。

片岡屋

麺もスープも結構本格的です。
かといって濃いとかってわけではなく、誰にでも食べやすい味。
チャーシュー、ネギ、キクラゲのトッピングの量も丁度良い具合。
あと、辛子高菜、ゴマ、紅ショウガもテーブルに置かれてて入れ放題。

片岡屋

麺の茹で加減も「かため」注文の通り、バッチリです!
麺の替玉は100円と、これまた博多並にリーズナブルな価格設定。
店によっては150円や、200円という店もありますからね・・・。

いや〜、なかなか旨かった。

この東加古川交差点から平岡小学校にかけての国道2号線沿いはラーメン店激戦区になりましたが、がんばっていただきたい。

片岡屋


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 12:56 | Comment(5) | TrackBack(3) | 東播-加古川市