このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2009年10月29日

函館麺厨房あじさい@山陽百貨店北海道大物産展

函館麺厨房あじさい@山陽百貨店北海道大物産展

仕事で姫路へ来たら、山陽百貨店6階の催し会場で北海道大物産展をしているとのことで、帰りに立ち寄ってみました。

函館麺厨房あじさい@山陽百貨店北海道大物産展

目当ては物産展のイートインコーナーに出店している「あじさい」のラーメン。
写真の塩ラーメンを注文。
値段はいくらだっけな?800円だったか?
とにかく本店よりも値段が高い物産展価格というわけで。

函館麺厨房あじさい@山陽百貨店北海道大物産展

コシのある多加水ストレート中太麺。
スープは透明感があり、ちょっと塩分強めながらも昆布などから取ったスープは深みのある味わいで非常にグッドでした!
こんどは函館行って食べに行きたいですわ〜。

注意・・・山陽百貨店(姫路駅前)北海道大物産展の函館麺厨房あじさい出店は、11月3日(祝)午後4時までです。

2009年10月25日

東一軒@姫路市

残念ながら閉店しました

東一軒

JR姫路駅を北側に出て、北東側の小さな商店街・小溝筋をちょっと北へ進むと、車が行き交う十二所前線の道路にぶちあたります。
小溝筋と十二所前線とが交わる一角に、上に掲げている写真のような古い建物と細い路地のある風景を見ることができ、この場所だけ50年以上も時間が止まったような、そんな感じがします。
この路地は過去、昭和20年代が時代設定のNHKドラマ『菊亭八百善の人びと』の撮影のため、東京からスタッフや俳優さんが、わざわざ姫路までやって来たほど、今では数少なくなった昭和20年代〜30年代の歓楽街の風景を色濃く残した貴重な町並みなのです。

東一軒

そんな昭和30年前後の風景の中にある「東一軒」へ行きました。

東一軒

お店の中は、壁に向かって並ぶカウンター席のみ7〜8席くらい。
広くはない店内は昔のまんま。
メニューは暖簾にも書いてあるとおり、中華そば、焼そば、焼めしの3品のほか、餃子、ワンタンがあります。

東一軒

中華そばを注文しました。値段は450円。
見た目はフツーの中華そば。
中太麺に鶏ガラ醤油味のスープ、チャーシューが2枚とモヤシ、ネギ。

東一軒

鶏ガラのダシの風味が良く、あっさりながらも味わいのある中華そばで、麺はちょっとヤワ目の中太ストレート中華麺です。
スープと麺とのコンビネーションもピッタリ。
昔はこういう味の中華そばが主流だったんだろうな〜。
飲んだあとにも優しく食べられるラーメン(中華そば)ですが、残念ながら夜の営業をしていないんですね、このお店・・・。
超らーめんナビを見ると18時までとなっていて、何度か午後5時過ぎに行ってみようとするといつも閉まっていたので聞いてみると、今は午後4時半で閉店なんだそうです。
行かれる方はご注意を。


【おもなメニュー】
中華そば・・・・450円
ワンタン麺・・・・600円
焼豚麺・・・・700円
焼豚ワンタン麺・・・・800円
焼そば・・・・500円
焼めし・・・・530円
ワンタン・・・・450円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年08月30日

らー麺 笑@姫路市

らー麺 笑

姫路の歓楽街・塩町にあるラーメン店「らー麺 笑」です。
営業時間が午後8時から午前5時という遅い時間にやっているラーメン店なのですが、私はこれまでに2度行こうとして(午後8時以後)、2度ともまだ開店前で振られてしまって行けなかったのですが、今回は開くまで待つぞ〜〜と意気込みました。
ちなみに前回、前々回の訪問では、午後8時半〜45分になっても開店しなかったのです(−−;。
で、今回も8時20分頃に来てみれば、準備中でありました(>_<)。
10分毎に周辺をぶらついてぶらついて、開くのを待ち、開いた時間は結局午後9時でした。
店に入ると、この日は私が最初のお客です。
店主曰く・・・・
「いつも仕込みと準備に時間がかかって開店が遅れてしまって〜、申し訳ないです〜」。

メニューを見ると、ラーメンは「塩町塩らあーめん」、醤油とかけた「笑油らあーめん」や、つけ麺など。数は多くはないけど、サイドメニューも何品かあって、ラーメンやビールのあてになる物もちらほら・・・。

らー麺 笑

「塩町塩らあーめん」を注文しました〜。
あっさりとした透明度の高いスープ。
じんわりと来る旨さがあります。

らー麺 笑

麺は北海道産小麦粉で作られた中細ストレート麺で、硬さを感じる良い麺です。

飲み屋街のラーメン屋、特に姫路にはたいした店が無かったものですが、この店は結構ポイント高い!
しかし実質午後9時から開くのはネックなのですわ。ここでラーメン食ってウチ帰ったら、家に帰れるの晩11時半になってしまうから(^^;

【おもなメニュー】
塩町塩らあーめん・・・・650円
笑(醤)油らあーめん・・・・650円
つけ麺・・・・850円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年08月16日

ラーメン獅子歌歌@姫路市

残念ながら閉店しました

ラーメン獅子歌歌

2度目のラーメン獅子歌歌(ししそんそん)来店です〜。

ラーメン獅子歌歌

前回食べたのは「獅子歌歌そば」だったので、今回は「獅子歌歌とんこつそば」を注文。
獅子歌歌とんこつそばは、口当たりの良い豚骨スープのラーメンです。

ラーメン獅子歌歌

歯ごたえのある中細卵麺とスープとの相性もバッチリです。
塩がベースとなった獅子歌歌そばもなかなかですが、このとんこつそばも上品な味わいでいい感じですわ〜。


【おもなメニュー】
獅子歌歌そば・・・・680円
獅子歌歌味玉そば・・・・750円
獅子歌歌極めそば・・・・900円
獅子歌歌とんこつそば・・・・700円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年08月02日

ラーメン屋七星@姫路市

残念ながら閉店しました

ラーメン屋七星

姫路にオープンした「ラーメン屋 七星(ななつぼし)」です。
このお店、姫路市役所近くにある餃子屋七星が新たに開いたラーメン店です。
餃子屋が開いたラーメン屋さん。さて、どんなお店でしょう。

ラーメン屋七星

ラーメンは、とんこつ、醤油、塩、味噌と、すべて揃ってます〜って感じでメニューも数多くあります。
とりあえずメニュー最初に書かれてあった「とんこつ」を注文〜。
スープは、ちょっと茶濁がかった口当たり滑らかなとろみのあるスープです。
てっきり、餃子屋七星のラーメンと同等の物が出ると思ったけど、全然違っています。

ラーメン屋七星

麺は中細のストレート麺。
高菜を入れるとまた違う味わいになるラーメンです。

ほか、餃子屋がやっているお店らしく餃子も5種類あって、さらにちょっとした一品料理もあり、居酒屋使いも可能なお店です。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年05月02日

ラーメン虎と龍 フォーラス前店@姫路市

残念ながら閉店しました


ラーメン虎と龍 フォーラス店

何かと話題の、博多天神とんこつラーメン虎と龍のフォーラス前店です。

ラーメン虎と龍 フォーラス店

4月からメニューがリニューアルし(これで何度目だ?)、「博多の虎」と「久留米の龍」の、
2種類のとんこつラーメンから選ぶスタイルに変更となりました。
博多風と久留米風になるってことなんですかね〜。
値段は変わらず1杯590円

では、久留米の龍でいってみたいと思います。

ラーメン虎と龍 フォーラス店

こちらが久留米の龍
久留米の龍は、ちょっとコッテリとしたスープは、
前と同じでそこそこ濃いとんこつスープ、おいしいです。

ラーメン虎と龍 フォーラス店

麺は低加水の中細ストレート麺です。

ラーメン虎と龍 フォーラス店

スープは前と同じでそこそこ濃いとんこつスープ。
旨さは前と同じですかね。

次回は「博多の虎」で行ってみたいと思います。


過去のラーメン虎と龍 姫路フォーラス前店の記事・・・・
■ 2008年9月14日のラーメン虎と龍
■ 2008年1月1日のラーメン虎と龍


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年04月29日

御座候たんたん 山陽店@姫路市

山陽百貨店地下食品売場の片隅にある「たんたん」へ行ってきた。
たんたんは、回転焼の御座候が営業しているお店。姫路駅ビル(フェスタ)の地下・フェア内にもあるけど、山陽百貨店地下でも地道に営業中なのです。
休日だし、混んでるからと時間をずらして午後2時過ぎに行ったけど、それでもほぼ満席でした。姫路駅ビル地下のフェア店とは明らかに客層が違います。おばちゃんが多いのもデパ地下店舗ならではです。

たんたん 山陽店

値段は担々麺が260円と、しばらく来ない間に少し値上げされていたけど、それでも安く、昔から格安路線を突っ走ってます。

たんたん 山陽店

ゴマみそ味か醤油味かを選択しますが、ゴマみそ味で。
野菜入り担々麺にしました。値段は300円。
この野菜入り担々麺、具がいろいろ入ってるのかと思われるけど、普通の担々麺にメンマとワカメが追加トッピングされてるだけです。

たんたん 山陽店

麺はストレート麺で、やわい茹で具合ですが、美味しくいただけます(^^)。
大衆的なメニューですが、開店以来ずっと低価格を維持しているところは本当にスバラシイ〜と思います。もうちょっとだけ(20円くらい)値上げしてもイイんで、これからもずっと続いて欲しいですね。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年02月18日

ラーメン獅子歌歌@姫路市

残念ながら閉店しました

獅子歌歌

昨年10月1日にオープンした、まだ新しいお店です。
獅子歌歌と書いて「ししそんそん」と読む。

獅子歌歌

店内はとっても落ち着いた感じ。
上品な雰囲気で女性同士で行くのにも打ってつけなお店ですね。
午後4時過ぎに入ったので、お客さん1組しかいなかったけど、昼も通しで営業しているし、夜が早い姫路駅前でありながら、深夜まで営業しているというのは有り難いのでは。

獅子歌歌

メニューはこんな感じ。
看板メニューになっている「獅子歌歌そば」は、豚骨・鶏ガラをじっくり煮込んだスープに、新鮮な魚介から作られた元ダレが混ざった黄金色スープの塩ラーメンです。

獅子歌歌

獅子歌歌そばに味玉が加わった「獅子歌歌味玉そば」にしました。
このスープはあっさりしていい味わい。
香ばしい焦がしネギもいい感じで浮いています。
上のメニューを見ると、背脂入りか無しを選択するってこと書いてあったけど、その辺のことを注文時に聞かれなかったので、必然的に私のラーメンは背脂無しになりましたが、このスープだったら別に背脂なんて入れる必要は無いんではと思った。

獅子歌歌

麺は歯ごたえのある中細ストレート卵麺。
味付けも盛りつけも上品さがあり、味も控え目だからお酒を飲んだあとに行くとか、ちょっとだけお腹を満たしたいって時に行くのにピッタリですね。
まだ食べていない「獅子歌歌とんこつそば」も気になります。


【おもなメニュー】
獅子歌歌そば・・・・680円
獅子歌歌味玉そば・・・・750円
獅子歌歌極めそば・・・・900円
獅子歌歌とんこつそば・・・・700円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント