このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2009年01月11日

攤販街@神戸市中央区

攤販街

神戸・南京町は今日も人でいっぱいなのでした。
昔(震災前)の南京町は休日でもこんなに人は多くなかったと思うけど、今は観光スポットとしてすっかり定着したってことなんですかね〜。

攤販街

そんな大勢の観光客で賑わう南京町の一角に、攤販街(タンファンチェ)という台湾料理のお店があります。
私はこれまでに何度かこのお店で売られている「刈包(クワパオ)」という中華バーガーをテイクアウトで買い求めたことがありました。
ちなみに刈包は、豚まんや小龍包などで使われている蒸しパン生地に炒めた高菜漬と豚角煮を挟んだものです。これがこの店の名物なのです(下の写真)。

攤販街

↑ 5年前に写した写真なので、構図とか難がありますけど、まあこういう感じの食べ物だということおわかりいただけるでしょうか(^_^;)。

というわけで、刈包は食べたことがあっても、店の中に入って料理を食べたことが無かったので、今回ちょっと入ってみました。

攤販街

店頭に出ているメニューを見ると、どれも結構値が張ります。
取りあえず「台湾で今一番人気のある牛肉麺です」というメニューを注文することに。なんでこれだけダラダラと説明入れてるんだろう?(笑)

攤販街

ハイ!これが「台湾で今一番人気のある牛肉麺です」です(笑)。
長いのでただ単に「牛肉麺」ってしときます(^_^;)。
ちなみに牛肉麺は中国語で「ニョ〜ロ〜ミェン(niu rou mian)」と発音します〜。

これが出てきた瞬間、「ウッ・・・」と思ってしまった。値段、997円ですよ、997円。
もうちと華やかなトッピングを期待していました。見事に裏切られました。しかし、台湾の店で出されている、そのまんまのスタイルの物が出てきて、ちょっと嬉しいような悲しいような。

攤販街

麺は乾麺で、細うどんのような麺です。台湾の店でも乾麺を使ってるとこ多いんですが、まさかココの牛肉麺も乾麺だったとは・・・。
スープは牛肉のエキスの醤油味で、これも台湾の某店で食べたのと味が同じ!
ちなみに、台湾でいくつか食べた牛肉麺の中で、よく似た味の店がココの牛肉麺!↓
★2007年5月に台湾・台北へ行った時に食べた某店の牛肉麺★

この台湾で食べた牛肉麺は75元です。私が台湾へ行った時のレートで換算したら270円ってとこで、円高である現在のレートで換算したら210円くらい。やっす〜〜。
ってことは、攤販街の牛肉麺は台湾価格の4倍以上の値段なのか・・・。

攤販街

牛肉の肉塊が4個、ゴロゴロしてます。おそらく豪州産の牛肉。
この牛肉の塊の雰囲気、味も台湾の某店で食べた、そのもんでした。
台湾で出回る牛肉もたいてい豪州産がニュージーランド産なんで。
ココまで台湾の牛肉麺を再現して出してるとは、ある意味素晴らしい・・・。


正直言うと、私が台湾(台北)の某店で食べた乾麺風牛肉麺はあんまし旨くなかったのだが・・・(^_^;)。この牛肉麺は、トマト味にしたほうが日本人には受けがイイかもしんないですね。

さて、牛肉麺以外にも同行した友人が注文したいくつかのメニュー見て、量の少なさに唖然とした。味はともかく、その値段に見合った量ではないのです。
今までいろんな店で食べてきたけど、この少なさには、まぢビックリしました。


【おもなメニュー】
牛肉麺・・・・997円
ワンタンメン・・・・787円
豚足ラーメン・・・・945円
台湾名物五目そば・・・・840円
豚の角煮、高菜、味付け卵入りそば・・・・840円
汁ビーフン・・・・787円
焼ビーフン・・・・787円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年01月01日

香港点心菜館@神戸市中央区

香港点心菜館

香港点心菜館と聞けば、立派な店構えをした中国料理店なのかと思うけど、今日も大勢の観光客で賑わう神戸の中華街・南京町に数あるラーメン屋台の一つ。
この店は、豚まんでお馴染みの老祥記の隣にある屋台です。
南京町は夜が短くて、晩8時半になるとシャッター閉じる店が多い。
この香港点心菜館は結構遅くまでやっていて、夜9時までの営業です。

香港点心菜館

フカヒレラーメンは、南京町の屋台ラーメンでも名物の一つ。
使い捨て容器に入ったミニラーメンですが、しっかし、どこにフカヒレが入ってるねん!という感じのラーメンです。
少量の麺に、とろみのあるスープをかけていて、スープも麺も冷めにくい。
具は、細切りタケノコ、白菜、シイタケなどが入り、あとは透明の麺状のもの(「くずきり」「しらたき」みたいなもの)も見える。
フカヒレはどれだ。マジわからんが(^_^;)


香港点心菜館

かき混ぜてみたらこんな感じ。

味自体は問題無し。値段は300円。
小腹がすいた時にはこれ、ちょうどイイ。
ラーメンのほかにも、点心類いくつかあり。

【おもなメニュー】
チャーシューメン・・・・200円
フカヒレラーメン・・・・300円
ワンタンメン・・・・300円
中華風カレーラーメン・・・・300円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2008年01月26日

淡水軒@神戸市中央区

淡水軒は元町の高架下にある1971年創業のお店。
もともとは餃子専門店だったので、メインとなるのは餃子です。

淡水軒

ラーメンは、鶏ガラ・カツオ節などから取ったあっさり醤油ラーメン。麺はヤワ目の懐かし系の味。まあ特に際だってイイとかっていうラーメンではないのですが、時々は食べたくなる味です。

淡水軒

さて、淡水軒といえば、やっぱり餃子です。これは絶対離せません。
パリッと焼き上がっていて、これを神戸独特の味噌ダレをつけて食べる。しつこくないので一人で3人前くらいはペロリと食べられちゃいます。この店に来たら、餃子は絶対食べなくてはね!

淡水軒
【おもなメニュー】
ラーメン・・・500円
ワンタンメン・・・600円
メンマラーメン・・・600円
チャーシューメン・・・700円
ワンタン・・・500円
焼ぎょうざ・・・300円
水ぎょうざ・・・550円
豚肉のたれづけ・・・550円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2007年03月22日

麺屋華日@神戸市中央区

残念ながら閉店しました

たまたま見つけた刀削麺と手延べラーメンの店です。店名は「麺屋華日(めんやはなび)」。路地裏にあるので、表通りに看板が無かったらワカラン! 店内はカウンター9席と奥にテーブル席。まだ若い店主が一人でやってます。看板メニューは、刀削麺と手延べ拉麺の2つ。中国人に習ってたそうですが、灘区徳井にある刀削麺の店や、大阪・天満にある中国人経営の手延べラーメンの店とは関わりが無いそうです。
聞いてみると2月17日にオープンしたばっかりとのこと。1人でやってるので、でっかく宣伝もせず、ぼちぼちとやってるそうですが、先週から表通り(中央幹線)に看板を出したとのこと。
今回は手延べタンタン麺の辛口を注文。手延べというその性質上、麺のコシは弱いのですが、麺はもひとつかなぁ・・・て感じ。でも、なかなか店主も頑張っているようなので応援してあげたいですね〜。珍しい刀削麺の店、また行ってみます。
麺屋華日

麺屋華日


麺屋華日

[所在地]神戸市中央区元町通3丁目15-10
[電話]078−393−2185
[営業時間]11:30〜14:30/17:30〜20:30
       (4月3日から)
[定休日]月曜日
[アクセス]JR・阪神元町駅(西口)から西へ徒歩5〜6分

2007年01月30日

中華そば つたや@神戸市中央区

久しぶりに、元町のつたやへ来店〜。
辛味噌ラーメン注文したのに、中華そばの辛口を出されてしまいました(笑)。まあいいけど。

つたや


つたや



2006年12月24日

喜楽苑@神戸市中央区

正式には「喜」に口偏がついて「喜楽苑」って感じで書かれてます(当用漢字に無し)。まあ、ここでは「喜楽苑」と書かせてもらいます。

喜楽苑

元町駅西口から元町商店街へ向かう1本山側の道沿いに、この喜楽苑はあります。
長崎チャンポンが売りの店なので、初めて来たなら注文品はやっぱり「長崎チャンポン」で。
太いチャンポン用のストレート麺を使い、具もモヤシ、キャベツ、長ネギ、タマネギ、ニンジン、エビ、タコ、カマボコ、豚肉、キクラゲなどが入って豊富。
スープはかなりあっさり気味です(はっきり言って薄い・・・)。
すぐ近くにWINS(場外馬券)があるので、競馬開催日は昼から夕方にかけて、終始その関係の客で賑わってます。

喜楽苑
なお、チャンポン以外にもラーメンメニューはいろいろあります。
主なメニューは「長崎チャンポン」650円のほか、長崎皿うどん650円、ラーメン450円、ワンタンメン・五目そば各600円、チャーシュー麺650円などいろいろ。


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2006年09月18日

博多一風堂 神戸元町店@神戸市中央区

博多一風堂神戸元町店


博多一風堂神戸元町店

2006年09月15日

神戸汁麺 雄心@神戸市中央区

残念ながら閉店しました