このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2009年11月15日

ラーメン虎と龍 花隈店@神戸市中央区

ラーメン虎と龍 花隈店

姫路を皮切りに、どんどん店舗を増やしているラーメン虎と龍が、とうとう神戸の中心・花隈のJR高架下に出店しました。

ラーメン虎と龍 花隈店

メニューは他の虎と龍と同じメニューで、博多の虎と久留米の龍の2本立て。
今回は「博多の虎」で注文〜。

ラーメン虎と龍 花隈店

博多の虎は、わりとあっさり気味の豚骨スープ。臭みもなく、食べやすい味で、姫路など他の虎と龍の店で食べるラーメンと変わらない味。虎と龍のラーメンが神戸市内で食べられるようになってヨカッタです〜★


【おもなメニュー】
「博多の虎」とんこつラーメン・・・・580円
「久留米の龍」とんこつラーメン・・・・580円
味玉とんこつラーメン・・・・700円
爆裂ニンニクとんこつラーメン・・・・730円
ねぎバカとんこつラーメン・・・・780円
トマトとんこつラーメン・・・・780円
豪快チャーシューとんこつラーメン・・・・880円
スペシャルとんこつラーメン・・・・1080円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年05月29日

辣麺二花@神戸市中央区

辣麺二花

花隈公園前のJR高架下に2009年5月8日オープンしたラーメン店です。
店名は「辣麺二花(らーめんふたはな)」。
開店祝いの花に、灘区にある「博多辣麺 一花」から贈られたものがあったので、一花の2号店なんでしょうか。ちなみに灘区の一花は博多ラーメンを名乗ってますが、この二花では、そういう表示はどこにもありません。

辣麺二花

デフォの「二花らぁめん」で、値段は680円。
このほか「醤油らぁめん」、「塩らぁめん」といったメニューがあり。
灘区の一花のラーメンが博多風ラーメンなのに対して、こちらは同じトンコツでもあっさり系統のスープです。
チャーシュー、味付けゆで卵、モヤシ、ボイルしたキャベツ、ネギ、そして粗挽きコショウがふりかけられている。

辣麺二花

麺は博多ラーメンでも使われる低加水細ストレート麺です。

店名に「花隈店」って添えてるけど、今後も店舗を増やすのかな。
しかし、680円っていう価格設定は・・・。玉子抜いて安くするとかしないとこの不景気乗り切れるかどうか・・・。

【おもなメニュー】
二花らぁめん・・・・680円
特製醤油らぁめん・・・・680円
オリジナル塩らぁめん・・・・680円
替玉・・・・120円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年02月20日

もっこす 花隈店@神戸市中央区

もっこす 花隈店

JR神戸線高架下にある、もっこす花隈店。実に5年ぶりの来店となってしまったけど、このたび行ってきました。
以前来た時には店内に券売機が置いてあり、まず最初に食券を購入するシステムだったけど、いつのまにやら券売機は撤去されて無くなってました。
そして、5年前に食べに来た時にはスープが薄くて薄くて、以前と比べてだいぶ味が落ちたという印象だったけど、さあて、どうなってるでしょうか・・・。

もっこす 花隈店

もっこすの中華そばといえばコレ。
チャーシューたっぷり、ネギたっぷり、見た目は油ギッシュなラーメン。
一時期、味が落ちてた印象があったけど、久しぶりに来て食べてみるとダシの味わいは元に戻っています。
しかし、以前に比べてスープの色が薄くなり、醤油の風味が減ったような気がする。

もっこす 花隈店

しかし、店に入ってつけ麺の文字を見たら無性につけ麺が食べたくなり、急遽ラーメン(中華そば)ではなく、つけ麺にしてみた。
実は、もっこすのつけ麺をまだ食べたことが無かったもので・・・。
このつけ麺、もっこすの他店舗では見た記憶が無いのですが、花隈店だけのメニューなんですかね?その辺のところがよくわかっていないんですが・・・。

もっこす 花隈店

こんな感じで、麺は全粒粉を使用した表面ツルツルの平打ち麺です。
それに味玉とメンマが添えられてる。

もっこす 花隈店

この全粒粉の麺は、もっちりとした食感があり、なかなかイイ感じです。麺の性質からなのか、ちょっと柔らか目ではあったけど。
つけダレは少し酸味のある醤油味で、麺との相性もなかなか良い。
もっこすのつけ麺だからと侮って食べてなかったが、値段も1人前700円と割と安く設定されてるし、これはオススメできますゾ〜。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年02月19日

チャイナボーイ@神戸市中央区

残念ながら閉店しました


チャイナボーイ

20年くらい前から神戸の元町で営業している中華屋さんです。
その名も「チャイナボーイ」。
店内はちょっと狭いけど、カウンター席とテーブル席が備わってる。
メニューは麺類のほかに中華の一品料理もいろいろあるけれど、大衆中華が中心なので、凝った料理がありませんが、結構リーズナブルなメニューが揃ってます。

チャイナボーイ

麺類は、ラーメン、みそラーメン、五目汁ソバ、チャンポンメンなど色々。
今回は普通に「ラーメン」を注文(上の写真)。
特にこだわりのない、あっさりした中華屋で出される鶏ガラダシの醤油ラーメンです。

チャイナボーイ

麺はごく普通の低加水ストレート細麺です。

1杯450円って値段も良心的ですね。


【おもなメニュー】
ラーメン・・・・450円
みそラーメン・・・・650円
ピリ辛みそラーメン・・・・750円
ワンタン麺・・・・600円
五目汁ソバ・・・・650円
五目ワンタン麺・・・・700円
チャーシュー麺・・・・600円
チャーシューワンタン麺・・・・700円
天津麺・・・・650円
チャンポンメン・・・・650円
ピリ辛チャンポンメン・・・・750円
チャンポンビーフン・・・・700円
ピリ辛チャンポンビーフン・・・・800円
汁ビーフン・・・・700円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

花隈劉家荘@神戸市中央区

花隈劉家荘

むっちゃ久しぶりに花隈劉家荘へ行ってきました。
花隈劉家荘は外から見た感じ、高級店ではないけど、ちょっと高そうな雰囲気のある店に思えるんですが、実際はメニューのほとんどが1000円以下で高級メニューは無く、定食類もあるので気軽に行ける中華屋さんです。

花隈劉家荘

麺類は中華風で、ぴり辛ねぎラーメンが結構人気みたいだけど、今回は「酸辣湯麺(サンラータンメン)」にした。
タケノコ、シイタケなど、具の種類は少ないけど、酸味と辛味が混ざったあんかけのラーメンです。

花隈劉家荘

麺は柔らか目の細いストレート麺。

汗をかきもって食べる酸辣湯麺、美味しかったです(^^)
今度は、ほかの中華メニューと合わせて食べたいものですな。



【おもなメニュー】
ラーメン・・・・530円
みそラーメン・・・・630円
チャーシューメン・・・・740円
ぴり辛ねぎラーメン・・・・630円
五目汁そば・・・・740円
天津麺・・・・740円
五目あんかけ汁そば・・・・740円
酸辣湯麺・・・・740円
麻辣湯麺・・・・740円
肉絲湯麺・・・・950円
ふかひれラーメン・・・・1600円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年01月11日

元町春陽軒@神戸市中央区

元町春陽軒

神戸で「春陽軒」と聞いたら、新開地にある豚まんの春陽軒のほうを思い浮かべてしまいますが、新開地のほうではなく、元町通りの1本山側の道沿いにある中華料理店・元町春陽軒へ行ってみました。
店はカウンター席とわずかなテーブル席、お座敷を用意。

元町春陽軒

麺類のメニューも、ラーメン、ワンタンメン、天津麺、五目そば、チャンポン、あんかけそば、焼きそば、ビーフン、あげそばと、中華屋的なラインナップで固めています。
小焼き飯とセットになった「ワンタンメンセット」を注文。値段は850円。ワンタンメンが650円なんで、200円プラスで焼き飯がつくってこと。写真はその「ワンタンメン」です。

元町春陽軒

あっさりした醤油味のスープは、よくある中華屋スタイルの味で、入ってる具はワンタンのほか、チャーシューも2枚あり。
麺は細ストレート麺で、これまた中華屋独特の麺だった。まあ中華屋さんの食べやすいラーメンってことです。
料理はどれも比較的手頃な値段なので、いろんな中華を食べたあとの最後のシメで食べるのにイイかも。

【おもなメニュー】
ラーメン・・・・450円
チャンポンメン・・・・650円
五目汁そば・・・・650円
天津麺・・・・650円
ワンタンメン・・・・650円
カレーチャンポンメン・・・・750円
五目ワンタンメン・・・・800円
チャーシューメン・・・・800円
スタミナチャンポン・・・・850円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

攤販街@神戸市中央区

攤販街

神戸・南京町は今日も人でいっぱいなのでした。
昔(震災前)の南京町は休日でもこんなに人は多くなかったと思うけど、今は観光スポットとしてすっかり定着したってことなんですかね〜。

攤販街

そんな大勢の観光客で賑わう南京町の一角に、攤販街(タンファンチェ)という台湾料理のお店があります。
私はこれまでに何度かこのお店で売られている「刈包(クワパオ)」という中華バーガーをテイクアウトで買い求めたことがありました。
ちなみに刈包は、豚まんや小龍包などで使われている蒸しパン生地に炒めた高菜漬と豚角煮を挟んだものです。これがこの店の名物なのです(下の写真)。

攤販街

↑ 5年前に写した写真なので、構図とか難がありますけど、まあこういう感じの食べ物だということおわかりいただけるでしょうか(^_^;)。

というわけで、刈包は食べたことがあっても、店の中に入って料理を食べたことが無かったので、今回ちょっと入ってみました。

攤販街

店頭に出ているメニューを見ると、どれも結構値が張ります。
取りあえず「台湾で今一番人気のある牛肉麺です」というメニューを注文することに。なんでこれだけダラダラと説明入れてるんだろう?(笑)

攤販街

ハイ!これが「台湾で今一番人気のある牛肉麺です」です(笑)。
長いのでただ単に「牛肉麺」ってしときます(^_^;)。
ちなみに牛肉麺は中国語で「ニョ〜ロ〜ミェン(niu rou mian)」と発音します〜。

これが出てきた瞬間、「ウッ・・・」と思ってしまった。値段、997円ですよ、997円。
もうちと華やかなトッピングを期待していました。見事に裏切られました。しかし、台湾の店で出されている、そのまんまのスタイルの物が出てきて、ちょっと嬉しいような悲しいような。

攤販街

麺は乾麺で、細うどんのような麺です。台湾の店でも乾麺を使ってるとこ多いんですが、まさかココの牛肉麺も乾麺だったとは・・・。
スープは牛肉のエキスの醤油味で、これも台湾の某店で食べたのと味が同じ!
ちなみに、台湾でいくつか食べた牛肉麺の中で、よく似た味の店がココの牛肉麺!↓
★2007年5月に台湾・台北へ行った時に食べた某店の牛肉麺★

この台湾で食べた牛肉麺は75元です。私が台湾へ行った時のレートで換算したら270円ってとこで、円高である現在のレートで換算したら210円くらい。やっす〜〜。
ってことは、攤販街の牛肉麺は台湾価格の4倍以上の値段なのか・・・。

攤販街

牛肉の肉塊が4個、ゴロゴロしてます。おそらく豪州産の牛肉。
この牛肉の塊の雰囲気、味も台湾の某店で食べた、そのもんでした。
台湾で出回る牛肉もたいてい豪州産がニュージーランド産なんで。
ココまで台湾の牛肉麺を再現して出してるとは、ある意味素晴らしい・・・。


正直言うと、私が台湾(台北)の某店で食べた乾麺風牛肉麺はあんまし旨くなかったのだが・・・(^_^;)。この牛肉麺は、トマト味にしたほうが日本人には受けがイイかもしんないですね。

さて、牛肉麺以外にも同行した友人が注文したいくつかのメニュー見て、量の少なさに唖然とした。味はともかく、その値段に見合った量ではないのです。
今までいろんな店で食べてきたけど、この少なさには、まぢビックリしました。


【おもなメニュー】
牛肉麺・・・・997円
ワンタンメン・・・・787円
豚足ラーメン・・・・945円
台湾名物五目そば・・・・840円
豚の角煮、高菜、味付け卵入りそば・・・・840円
汁ビーフン・・・・787円
焼ビーフン・・・・787円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年01月01日

香港点心菜館@神戸市中央区

香港点心菜館

香港点心菜館と聞けば、立派な店構えをした中国料理店なのかと思うけど、今日も大勢の観光客で賑わう神戸の中華街・南京町に数あるラーメン屋台の一つ。
この店は、豚まんでお馴染みの老祥記の隣にある屋台です。
南京町は夜が短くて、晩8時半になるとシャッター閉じる店が多い。
この香港点心菜館は結構遅くまでやっていて、夜9時までの営業です。

香港点心菜館

フカヒレラーメンは、南京町の屋台ラーメンでも名物の一つ。
使い捨て容器に入ったミニラーメンですが、しっかし、どこにフカヒレが入ってるねん!という感じのラーメンです。
少量の麺に、とろみのあるスープをかけていて、スープも麺も冷めにくい。
具は、細切りタケノコ、白菜、シイタケなどが入り、あとは透明の麺状のもの(「くずきり」「しらたき」みたいなもの)も見える。
フカヒレはどれだ。マジわからんが(^_^;)


香港点心菜館

かき混ぜてみたらこんな感じ。

味自体は問題無し。値段は300円。
小腹がすいた時にはこれ、ちょうどイイ。
ラーメンのほかにも、点心類いくつかあり。

【おもなメニュー】
チャーシューメン・・・・200円
フカヒレラーメン・・・・300円
ワンタンメン・・・・300円
中華風カレーラーメン・・・・300円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント