このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2016年11月05日

一風堂 三宮店@神戸市中央区

一風堂 三宮店

元町店に次いで、神戸で2店目となる一風堂の三宮店が、地下鉄三宮駅の真上、生田新道沿いに10月21日にオープンしました。
メニューは他店同様に「白丸元味」(790円)、「赤丸新味」(850円)、「一風堂からか麺」(890円)、「野菜白丸」(990円)、「野菜赤丸」(1050円)、「野菜からか」(1090円)といったラインナップ。


一風堂 三宮店

一風堂の備え付けの、このピリ辛の味付けしたもやしの名前が「ホットもやし」ということをこの日、初めて知りました(^^;
ホットもやしですよ、ホットもやし!


一風堂 三宮店

そして一風堂では馴染のない醤油ラーメンがあったので、それ注文。
値段は850円です。ちょっと高い。
創業当時、一風堂の大名本店で出していた「江戸式醤油ラーメン」を復刻したとか。
全国数店舗でのみ出されているとのことで、関西では三宮店じゃないと食べられないのかも?


一風堂 三宮店

スープは鶏の旨みを凝縮。


一風堂 三宮店

ストレートの細麺がGOOD。


お店のデータ
【所在】神戸市中央区北長狭通1丁目5-10 ミカドビル1F
【電話】078-381-6512
【営業】11:00〜翌1:00(金曜日は翌3時まで)
【定休】無休
【座席】カウンター席、テーブル席 計26席
【喫煙】禁煙
【車いす】未確認
【駐車場】無し
【最寄り駅1】市営地下鉄西神山手線三宮駅(西出口1)から徒歩1分
【最寄り駅2】阪急電鉄神戸三宮駅(西出口)から北へ徒歩2分
【最寄り駅3】JR神戸線三ノ宮駅(西出口)から北西へ徒歩4分
【最寄りバス停】神戸市バス「地下鉄三宮駅前」




2016年11月04日

汁そば処ちょぼいち本家@神戸市中央区

汁そば処ちょぼいち

こちらは鶏料理店がやっている鶏がらラーメンの専門店で、2014年2月に、さんちかにある麺ロードに出店し、麺ロードで2年間営業を継続したのち、2016年6月に三宮の東門街と北野坂の間の路地裏のこちらに本格的な店舗をオープンさせました。
「鶏がら醤油」(680円)、「鶏がら白湯」(780円)、「鶏がら赤湯」(780円)、「鶏がら黒湯」(780円)の基本4つのメニュー。


汁そば処ちょぼいち

「鶏がら白湯」(780円)。


汁そば処ちょぼいち

ちょぼいち特製の「ぎょうざ」(300円)も結構いけます。
(しそ、にんにくの2種類あります)。


汁そば処ちょぼいち

スープはじっくり煮込んだ白湯スープを塩味で。


汁そば処ちょぼいち

麺は、のどごし細麺(ストレート)か、つるっと中太卵麵(ちぢれ)のどちらか選択。
写真は「ちぢれ麺」。
味わいコク深く、麺も良質な味。これはなかなかのラーメンです。

お店のデータ
【所在】神戸市中央区中山手通1丁目14-1 大江ビル1F
【電話】078-393-2229
【営業】17:00〜翌5:00(LO 翌4:30)
【定休】日曜日(連休の場合は連休最終日)
【座席】カウンター8席、テーブル10席
【喫煙】未確認
【車いす】入店時に要介助
【駐車場】無し
【最寄り駅1】市営地下鉄西神山手線三宮駅(東出口8番)から徒歩約4分
【最寄り駅2】阪急電鉄神戸三宮駅(東口)から徒歩約5分
【最寄りバス停】神戸市バス「地下鉄三宮駅前」
【HP】http://www.choboichi.com/




2016年10月28日

支那そば花 三宮店@神戸市中央区

支那そば花 三宮店

神戸三宮の歓楽街・東門街に新しくオープンした「支那そば花」は、岡山市にあるラーメン店の神戸初出店。



支那そば花 三宮店

メニューは、御覧の通り。


支那そば花 三宮店

写真は「支那そば」(750円)。


支那そば花 三宮店

麺は喉越しの良いツルツルとした平打ちストレート麺。


支那そば花 三宮店

スープはあっさり優しい醤油味。
東門街という場所柄、飲んだ後のシメにも最適な味。


火風鼎@神戸市中央区

火風鼎

神戸市内で仕事があり、今月2度目の昼の火風鼎。


火風鼎

「ラーメン」(750円)。


火風鼎

口当たり濃厚なスープはGOOD!


火風鼎



2016年10月03日

火風鼎@神戸市中央区

火風鼎

久しぶりに三宮の火風鼎へ…。
来てみると知らない店員さんばかり。
3年前いた佐賀県出身の兄ちゃんは、辞めちゃったのかな?


火風鼎

メニューの中で、「鶏そば」という限定メニューを発見!。


火風鼎

「鶏そば」(700円)。


火風鼎

スープは鶏ガラベースの醤油味。
まあ、よくある味わいの醤油ラーメンです。


火風鼎

麺は細麺か平打ち麺かを選択できます。
これは平打ち麺で、ツルツルのど越し良い麺


2016年09月30日

麺屋武一 神戸本店@神戸市中央区

麺屋武一 神戸本店

中山手通2丁目の山手幹線沿いに今年(2016年)8月にオープンした麺屋武一の関西第一号店。
ちなみに麺屋武一は東京・新橋に本店を置く濃厚鶏白湯ラーメンの店。
「濃厚鶏骨醤油そば」(780円)、「濃厚鶏白湯そば」(780円)、「濃厚辛味噌鶏そば」(830円)、「和風煮干し鶏そば」(700円)、「濃厚煮干し鶏つけそば」(800円)、「濃厚煮干し鶏辛つけそば」(850円)といったメニュー構成。


麺屋武一 神戸本店

写真は「濃厚鶏骨醤油そば」(780円)。


麺屋武一 神戸本店

鶏の旨みが凝縮されたスープ。


麺屋武一 神戸本店

なかなか良い感じ。

2016年08月17日

一蘭 三宮店@神戸市中央区

一蘭 三宮店

三宮・いくたロード沿いにある一蘭は、今年(2016年)3月にオープン以来、昼と夜は行列が出来ていて、土日となればその行列も倍増。しかし、昼の3時半ともなったら表に行列無し!。


一蘭 三宮店

では、地下にあるお店へ、さっそく入店します。


一蘭 三宮店

時間を外せば御覧の通りガラガラですが、私が入ってすぐ後に、香港人の若者グループが入店してきて、あっという間に店内賑わってきました。その香港人客に店員が注文内容など中国語で説明していたので、大阪の店舗同様に、ここにも中国人店員がスタンバイしているようです。


一蘭 三宮店

「ラーメン」(790円)。
あの真っ赤な秘伝のタレが入って無いじゃないか!と思ったら、底に沈んでいた。


一蘭 三宮店

このスープは普通に旨い。


一蘭 三宮店

もう100円安かったら、たまに食べに行きたいな〜と思う一蘭でした。


2016年06月26日

博多ラーメン幸一@神戸市中央区

博多ラーメン幸一

中山手通2丁目、山手幹線沿いに今年(2016年)春頃にオープンした店。
この場所、以前は中華料理店の「美味屋」、その前は台湾まぜそばがウリの「麺屋らいこう」、その前は「四川曹家汁なし担々麺」、さらにその前は「丸高中華そば中山手店」、その前は「味杏」と、この7〜8年の間にラーメン店・中華料理店が5回も入れ替わっている場所という…。


博多ラーメン幸一

表に出ているメニューはこんな感じ。
ちなみに営業時間が11:00〜14:00/17:00〜翌5:00と書かれていたので、午後6時過ぎに行ってみるとまだ営業しておらず、19時になってから暖簾が出ました。
「山笠の味」と書かれてますが、三宮のサンキタ通りに古くからやってる山笠ラーメンと関係あるんかな?
山笠の元従業員とか。
店主から聞いておけばよかった。


博多ラーメン幸一

「ラーメン」(600円)。


博多ラーメン幸一

臭みのない、すっきり・あっさり目の豚骨。
山笠もこんな味だったのかな。
しばらく行ってないと比較ができない(^^;。


博多ラーメン幸一

ごちそうさんでした。