このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2010年08月30日

ラーメンハウス憩@伊丹市

ラーメンハウス憩

阪急伊丹駅から路地を東へ行ったところにあるラーメンハウス憩です。
ラーメン以外にも、焼き飯、丼物、カレーライス、定食など、幅広くメニューをこなしている街のラーメン屋さんです。
今回、この店には初めて来ましたが、店自体は10年以上前から存在していました。
ネットでも話題になることは少なく、情報もあまりないまま今の今になってしまいましたが、県内全店制覇を目標にしている以上、いつかは行くことになるだろうし、伊丹に来たついでにここで夕食を済ませました。


ラーメンハウス憩

ちょうど、塩ちゃーしゅー麺が、普通の塩ラーメンと同額の550円というサービス価格だったので、それを注文しました。
豚バラ肉のチャーシューは美味しそうですね。
トッピングのネギ、もやしと合わせ、見栄えはいたって普通。


ラーメンハウス憩

麺は中細ストレート麺。
スープは鶏がらベースのあっさり塩味で無難な味。
この程度の味とチャーシューの量なら550円ならオトクでした。
(ふだんは750円らしい・・・)

【おもなメニュー】
醤油ラーメン・・・・500円
塩ラーメン・・・・550円
豚骨ラーメン・・・・650円
味噌ラーメン・・・・650円
カレーラーメン・・・・630円
海鮮チャンポン・・・・730円
こってりチャンポン・・・・730円
ピリ辛タンメン・・・・730円
特製五目ソバ・・・・730円
天津麺・・・・630円
ワンタン麺・・・・630円
豆腐とキムチの辛口ラーメン・・・・630円

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

2010年08月19日

ラーメン四天王 イオン伊丹店@伊丹市

仕事の帰りに、伊丹のイオンモールへ買物。そのあと3階のフードコートへ。
イオン系のショッピングセンターの中には、ラーメン屋が2〜3店入ってることも珍しくないけれど、イオンモール伊丹テラスにあるラーメン店はここ数年、フードコートの四天王のみ。


ラーメン四天王 イオン伊丹店

激辛味噌辣醤麺を注文。値段は750円。
真っ赤な色をしたスープに唐辛子パウダー。
とても辛くみえます。


ラーメン四天王 イオン伊丹店

でも意外と辛さは控えめで、味噌の風味が強く、ややピリ辛といった具合。


ラーメン四天王 イオン伊丹店

ラーメンだけでは物足りず、近くの店で蒜山やきそばも食べてしまったよン(笑)

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

2010年05月28日

鼓六家@伊丹市

残念ながら閉店しました

鼓六家


鼓六家


鼓六家

posted by かもねぎ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

らーめんつけ麺大前田@伊丹市

大前田

伊丹の昆陽池に近い伊丹市瑞ヶ丘にある「らーめんつけ麺 大前田」です。
ここの店主は池田にある麺野郎に勤めてた方で、私は、店主と麺野郎で顔を合わせたことがあったかもしれないけど、その記憶が無かったんでお互いに顔見知りではありません…。


大前田

つけ麺がイチオシのお店なので、つけ麺を注文。
つけ麺以外にもラーメン(醤油)があります。


大前田

つややかな麺。


大前田



大前田

でっかい肉の塊が入っています。


大前田

最後にスープ割り。
ごちそうさまでした。


【おもなメニュー】
つけ麺小(200グラム)・・・・800円
つけ麺(300グラム)・・・・900円
塩つけ麺・・・・1000円
脚赤海老塩つけ麺・・・・1200円
ラーメン・醤油・・・・700円
ラーメン・肉醤油・・・・900円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

2010年05月16日

麺道士@伊丹市

残念ながら閉店しました

麺道士

伊丹の国道171号線大鹿交差点から県道331号姥ヶ茶屋伊丹線を南へ少し行ったところにあるラーメン店。以前は、らー麺藤平とメニューが同じだった「麺や秀」(元藤平伊丹店で、藤平破綻後にFCから脱退)という店があったが1年も保てず閉店。その後2010年4月に、この麺道士がオープン。
店は藤平・麺や秀時代からの居抜きで、テーブル席とカウンターが並ぶ店内。
メニューは、和風中華そばで醤油味の「麺道士」、沖縄海塩”ぬちまーす”を使った「天然塩」「梅塩」「塩バターコーン」と、あとは「つけ麺」といったラインナップ。

麺道士

写真は「天然塩」。ぬちまーす他、あわせて3種の天然塩を使ったとのことだが、スープを飲んだだけでは「ぬちまーす」などを使用したのかわからないけど、あっさりとしていて、まぁまぁ良い味わいの塩ラーメンです。


麺道士

とてもおいしくいただけました(^人^)。

ちなみにこの店、2010年春まで大阪上本町のハイハイタウンにあった「醤大開」というお店が移転してきての営業だそうで。醤大開は私も行こうと思ってた店だったのですが、日曜休みで土曜も不定休だったんと違いましたかね?(一度、土曜に行こうとしたら閉まってた)。それで行けないまま店は閉店してしまったわけでしたが、今度の伊丹の場所は駅から歩くには遠い、駐車場が無いなど、いくつかネックはあるが、頑張ってお店をやっていってほしい・・・。
お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

らぁーめん夢屋台 伊丹店@伊丹市

らぁーめん夢屋台 伊丹店

2003年3月に、伊丹市瑞穂町の瑞ヶ丘公園前にオープンした「らぁーめん夢屋台伊丹店」は、本店(1号店)が尼崎市の浜田にあり、伊丹店はその2号店になります。
伊丹店が開店した当時、本店である尼崎店がお客さんであふれていたのに対し、伊丹店の客入りが今一つでした。夢屋台の当時の専務さんから具体的な売り上げも聞かされ、どうしたらお客さんが増えるだろうか?…なんて話も聞かれたもんでしたが、それから5〜6年後の伊丹店を見ると、あの閑古鳥の鳴きようがウソのように賑わってるところを見て、感慨深くなります。
らぁーめん夢屋台伊丹店これまでの記事

その夢屋台伊丹店が2010年2月に瑞ヶ丘公園前から国道171号線沿いの大鹿交差点西側に移転してきました。
この建物、以前は「ふくちあんラーメン」「藤崎奈々子は豚骨ラーメン」があったところですね!。
今度の店は瑞穂町の店舗と比べキッチンは広いし、客席もカウンター席、テーブル席のほか、お座敷もあって今までの店と比べても収容力は大きくなりました。


らぁーめん夢屋台 伊丹店

トッピングも豪華な濃厚夢らーめんは前回来た時にも食べているので、ちょっと倹約して値段も安い目の「和風とんこつ」にしました。
豚骨、鶏ガラ、野菜を煮込み、カツオ節、昆布などの魚介スープをブレンドしたやつで、カツオの香りがプ〜ンと香ります。見た目とは違い、ちょっと濃厚ではあるけどゴテゴテした味ではないので、女性や子供でもそれなりに食べられる味ではないかな。

らぁーめん夢屋台 伊丹店

麺は表面が滑らかな中太ストレート麺。
ここのラーメンでいつも感じることですが、出されてパッと見た時に、ラーメンの色彩が単調なんですよ。なんか美味しそうに見えない。ラーメンに盛り付けられてる具材も単調な色ばかりだし、どんぶりも単調なやつ使ってるので余計に…。
色鮮やかな器にするか、白い色でも大きめの器にしたらラーメンが映えると思うんだけど。さらにラーメンには海苔や糸唐辛子を付け添えるとかしたらイイかな。


【おもなメニュー】
背油とんこつらーめん・・・・730円
背油しょう油らーめん・・・・650円
和風とんこつらーめん・・・・630円
あっさり塩らーめん・・・・590円
濃厚夢らーめん・・・・690円
濃厚夢らーめん(味玉入り)・・・・790円
岩のりらーめん・・・・690円
しょうゆらーめん・・・・550円
和風つけ麺(並または中)・・・・790円
和風つけ麺(大盛)・・・・990円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

2010年04月21日

らあめん甚 伊丹店@伊丹市

残念ながら閉店しました

らあめん甚 伊丹店

伊丹市の国道171号線沿いにある「らあめん甚」です。
以前、仕事の車を使っていた時に行こうとしたことがあって、店の前にある駐車場に入れようと思ったら入れにくいのなんの!!。タイミング逃したらビュンビュン走る国道171号線の流れを止めてしまうんで、諦めてこの日はパスったことが。
そしてまた行く機会に恵まれました。
今回は駐車場に1台も車が止まっておらず、車を頭から突っ込み、切り返してバックで駐車。この駐車場の入れにくさからこの店を避けてる客は絶対多いはず(私がそうだったから)。

らあめん甚は、大阪市の淀川区にある店には一度だけ行ったことがあります。
淀川区の店はよくある箱型店で、若者を中心に大勢のお客さんで賑わっていました。
この伊丹店はロードサイト型ではあるけど箱型店ではなく、マンションの1Fにある店舗。キャパもそれほど大きくは無く駐車場も狭い。私が行った時間には駐車場に車は無く客もゼロ。

カウンター席に座ってメニューを見てみる。
お品書きには「本味噌らあめん」「香味油味噌らあめん」「とんこつらあめん」「屋台らあめん」といった物が並んでいる。
それでは当店人気ナンバーワンという本味噌らあめんをば。


らあめん甚 伊丹店

はい、本味噌らあめん(650円)が登場〜。
一口スープをすすってみる。
ん〜、まったりとした口当たりの濃厚な味の味噌味で、クセは無くスススっと飲める味。
麺はいたって普通の中細ストレート麺。
香ばしいチャーシューは脂身も適度な具合で美味。
全体的におとなしくはあるが、まとまった味の味噌ラーメンではある。

posted by かもねぎ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市

2010年03月18日

黒兵衛 宝塚中筋店@伊丹市

黒兵衛/宝塚中筋店

黒兵衛は、箕面市を拠点に京阪神へ店舗展開している九州ラーメンを名乗る店。
1990年代末期、まだそれほどラーメン屋が無かった頃、北摂エリア(箕面〜池田〜川西〜宝塚など)においてはこの『九州ラーメン黒兵衛(箕面本拠)』と、同じ北摂エリアを拠点としていた『博多ラーメンげんこつ(当時は川西市、現在は豊中市が本拠)』が双璧と言った感じで人気を二分していて、90年代末期の黒兵衛&げんこつは人気ラーメン店だったのですが、2000年以後、他のラーメン店があちこちに出来てきてとんこつ以外に多様化した味わいの店も増えたこともあり、その人気に陰りが出てきたのが2000年代半ば。フランチャイズ形式で結構な数を展開していた2000年代初頭頃と比べると今の店の数も減ったし、最近話題に上がることも以前ほど多くは無くなった黒兵衛なのです。

この宝塚中筋店は、行政区分上は伊丹市に位置するけれど、店の前の道路が伊丹市と宝塚市の境界線になっており、このあたり一帯は伊丹・荒牧とするより、宝塚市の中筋としたほうがわかりやすいことは確かですね。その宝塚中筋店は1997年頃にオープン。私も1998年に一度だけ行ったことがあり、それから12年ぶりの来店!

カウンターとテーブルがあり、店の雰囲気は12年前と同じ。
前は、落語家の桂ざこば師匠がよく来るとかで店内にサインが飾られてた気がするけど、見渡すと、桂ざこばのサイン色紙はどこ行ったやら・・・。



黒兵衛/宝塚中筋店

12年前のメニューは記録していないのでわからないけど、基本のラーメンは以前と変わらぬ人気メニュー。
12年前は580円で今は600円。値上げ幅は20円だけ。

平日正午過ぎに行くと、次から次へと来店客の車が駐車場に入り、店内も満席状態。人気あるんですね。


黒兵衛/宝塚中筋店

基本メニューのラーメンに味玉が加わった「くろ玉ラーメン(700円)」を注文です。
程よく味のついた半熟玉子がイイ色合い。
味玉の他は、モヤシ、ネギ、チャーシューがトッピング。


黒兵衛/宝塚中筋店


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 13:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 阪神-伊丹市