このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・

おかげさまで兵庫の鴨ラー日記は今年1月で開設10周年を迎えました

2013年03月07日

麺屋天風@神戸市中央区

残念ながら閉店しました


麺屋天風

神戸市中央区の大倉山交差点南東・ライオンズマンションの1階にある店で、2012年12月にオープンした麺屋天風へ今回は初来店。
この場所は以前、北海道ラーメン神威(2012年秋閉店)、新勢タンタン麺風生桜(2010年4月閉店)、道麺 大倉山店(2008年11月閉店)と、何度もラーメン屋が入っては撤退する場所。
ちなみにこの店の店主は以前、阪神間の某ラーメン店でバイトしていたようで、その店の常連客なら知ってる人は顔知ってるかもですが、私、うまい具合にバッティングしなかったみたいで一度も顔を見たことがありません(-_-;)。
とりあえず店に入ると、午後9時半来店で客はおらず、女性が一人で店番。

メニューを見ると、私の来店時期には和風ラーメンと熊本とんこつラーメン(別名・富士ラーメン)の二刀流でやってました。ほかにも担々麺とカレーライスなんかもありました。


麺屋天風

熊本とんこつラーメン(富士ラーメン)を注文〜。
富士ラーメンとは何ぞ?と、但し書きをみると、残念ながら熊本の富士ラーメンは休業中ですが、天風にて創業当時の味を再現しました…とある。
ほんとうに富士ラーメン創業当時の味なのか定かではないけど、しかし、これは私がイメージしてる熊本ラーメンのワイルドさとは違って具もスープも盛り付けも綺麗でまとまっている…。

麺屋天風

スープは熊本ラーメンらしくまろやかな味わい。
カウンター上に置かれてるニンニクチップを入れるとまた熊本らしさ倍増。

某店で限定で出される熊本ラーメン(もどき?)と、まったく違ってました。


麺屋天風

麺は中ストレート低加水麺。
上品な味で、レシピ通りに忠実に作られているようです。

ということで報告。
店主がかつてバイトしてた店系統の味ではありませんでした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91075102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック