このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2010年07月29日

牛骨らぁめん鉄@赤穂市

残念ながら閉店しました

牛骨らぁめん鉄

忠臣蔵で知られる赤穂市の中心部から車で10分足らず、山陽自動車道赤穂インターチェンジの近くある「牛骨らぁめん鉄」へ行きました。
ここは昔、コンビニだったって感じの広い駐車場を併設した箱形店舗。
たしか10年くらい前はコンビニで、その後はびっくりらーめんの「らーめん一番」やら、いくつか店が入っては消えの連続だったところ。そこに2010年5月に現れたのがこの牛骨らぁめん鉄で、店名に「牛骨らぁめん」と名を入れるところをみておわかりの通り、ラーメンのダシに牛骨を使っているというお店。
牛骨ラーメンを出す店は兵庫県内にも過去あったけど、何年か前の狂牛病騒ぎで店が消えてしまってから牛骨を前面に出す店は無かったので珍しいですね。

店に入ると、ラーメン屋らしかぬ黒を基調としたインテリアは、まるでおしゃれなカフェレストランみたいな感じ。カウンター席にテーブル席、それにお座敷まである。

メニューを見ると、「牛骨らぁめん」基本1種類で、それにトッピングと麺量をチョイスして牛骨ラーメンでもいろんなバリエーションで楽しめる。
あと、サイドメニューと合わせたセットメニューもいろいろあるのと、季節限定メニューもやってるようですが、私が来た時にはそれら限定メニューはありませんでした。

お店の人とお話をさせてもらったのですが、店主の奥さんの実家が鳥取県の由良で香味徳(かみとく)っていうお店をやってるんですね。ご主人は赤穂出身で、旦那の故郷の赤穂で奥さんの実家で出される牛骨ラーメンの店を出すという、なんとも理想的な展開ではありませんか。

牛骨らぁめん鉄

牛骨らぁめん(並)を注文しました。

麺量は並(1玉)、大(1.5玉)、特大(2玉)のほか、小(0.5玉)もあるので、連食していたり、ちょっとだけ食べたい時も安心のメニュー設定が嬉しいですね。


牛骨らぁめん鉄

スープは牛の大腿骨とバラ骨を使い、8時間程度煮込むそうです。
牛骨独特の匂いはあるけど、すっきりとした塩味の、なかなか上等なスープで、塩は赤穂だけに赤穂の塩を使っているようです。私は鳥取県の香味徳の味は知らないけど、基本的に作り方も味も鳥取の香味徳と同じだそうです。


牛骨らぁめん鉄

麺はちょっとウェーブがかった中細ストレート麺。

ごちそうさまでした〜(^^)
こんど、鳥取へ行って牛骨ラーメン食べてみます!


【おもなメニュー】
牛骨らぁめん(並)・・・・600円
牛骨らぁめん(大盛)・・・・700円
牛骨らぁめん(特大)・・・・800円
牛骨らぁめん(小)・・・・450円
ちゃーしゅーめん(並)・・・・750円


お店のデータ
【店名】牛骨らぁめん鉄(ぎゅうこつらぁめんてつ)
【所在】赤穂市黒崎町221  Yahoo地図
【電話】0791-25-1279
【営業】11:00〜14:30、17:00〜22:00(LO 21:45) 土日祝は通し営業)
【定休】無休
【座席】カウンター9席 テーブル4人×4卓=16席 お座敷5人×2卓+10人×1卓=20席
【喫煙】OK
【車いす】OK
【ファミリー】★★★★★ 5.0
【カップル】★★★★★ 5.0
【グループ】★★★★★ 5.0
【最寄り駅】JR赤穂線播州赤穂駅から路線バス利用
【最寄りバス停】播州赤穂駅からウエスト神姫・関西福祉大学・湯の内団地、槙方面行きのバスで「居村」バス停下車、または赤穂市コミュニティバスゆらのすけ(東西ルート)で「関西福祉大学」バス停
【アクセス】
【駐車場】完備
【その他】


posted by かもねぎ at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西播-赤穂市・赤穂郡上郡町
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45678862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック