このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・

おかげさまで兵庫の鴨ラー日記は今年1月で開設10周年を迎えました

2019年01月19日

麺屋なる戸@西宮市

麺屋なる戸

阪急今津線甲東園駅西側に1月7日にオープンした「麺家なる戸」へ来店〜。こちらは最近多くなっているつけ麺・油そば専門店。入店すると、土曜日の昼時と言うこともあって、若者や家族連れで満席です。
食券を購入し、待ち席に座ると、またあとからあとからお客さんがやってきて、あっという間にウェイティング(待ち)10名という状態に。
調理は店主らしき男性が一人で作業し、てきぱきとこなしています。しかし、開店したばかりということもあってか、店主以外の店員(家族の手伝いか?)の動きが口出ししたくなるほどに鈍い。非常に鈍い。他店平均値3分の1くらいに。あと3人いる店員はそれぞれに調理補助、接客、配膳などやっておるが、店員3人で1人分の作業しかできてない感じ…。なので満席の店内でも店員3人いてもうまく回っていない…。
ようやくカウンター席が空いて着席〜。しばらくして買っておいた食券を出して待つも、店主一人で調理作業しているのと、麺の茹で時間が長い関係から時間かかります。席に着いてから15分も待ってようやく出てきました。
ちなみにメニューは「油そば」(680円)、「つけ麺」(780円)、「辛つけ麺」(780円)というラインナップとなっていて、ラーメンはありません。


麺屋なる戸

注文品はこちらの「油そば」(680円)。
魚粉のほかに、茶色い謎のペースト状の物体がトッピング。
写真を撮ったらすぐにぐちゃぐちゃかき混ぜる。


麺屋なる戸

麺はもっちりとした太麺です。
魚粉と底に溜まったタレと麺にかかったペースト状の味噌が良く絡み合ってくるが、これがちょっと塩分強すぎた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185810292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック