このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2019年12月29日

ラーメン丸箸@姫路市

ラーメン丸箸

東洋大付属姫路高校向かいにある「ラーメン丸箸」へ初来店。
こちらのお店は7月26日にオープン。
日曜日の昼下がり、駐車場は結構車がとめられていて店内も盛況です。


ラーメン丸箸

メニューを拝見。
シンプルらーめん・あっさり 450円??
何この安さは…。
シンプルらーめんは具無し(チャーシュー無し)なんやろな〜と思ったら、チャーシュー1枚とネギが入っているそうだ。


ラーメン丸箸

まあ私は「レギュラーらーめん」を「ふつう」で注文。
値段は650円。
イイ感じです。


ラーメン丸箸

スープは口当たりの良い豚骨スープ。


ラーメン丸箸

ここ最近の姫路市内の新店の中では良い部類。
おためしあれ!

らーめん八角 飾西店@姫路市

らーめん八角飾西店

姫路市西部・飾西町にある八角に立ち寄ってみました。
ほかの八角と同じで、飾西店もロードサイド型の店舗です。


らーめん八角飾西店

こんな限定メニューが出ています。
コアな日本酒ファンに人気があるという姫路市網干の酒造メーカー・本田酒造の「龍力(たつりき)」の酒粕を使っているそうです。
姫路市にはヤヱガキ酒造や灘菊とか、いくつかの酒造メーカーがありますが、本田酒造(龍力)は知らなかった。勉強不足で申し訳無い(^^;。


らーめん八角飾西店

「酒粕らーめん」(850円)。


らーめん八角飾西店

酒粕の風味も感じつつ、口当たりの良いスープに仕上がってます。


らーめん八角飾西店

わりとイイ味。


2019年12月30日

歌志軒 六甲道店@神戸市灘区

歌志軒六甲道店

8月にオープンした歌志軒六甲道店に行ってきました。
もともと、この地にあった麺道しゅはりが国道2号沿いに移転したのが2016年7月。その年の9月に、しゅはり運営による「らあめん in EZO 神戸六甲道店」オープンします。
しかし、これは長くは続かず翌年(2017年)5月に閉店し、7月には「揚道守破離」という店名で唐揚げテイクアウト専門店に業態変更しますが、その翌年(2018年)11月には「ボスバーガー」としてハンバーガー屋にリニューアルし、新たなる分野への挑戦をするものの翌年(2019年)2月には改装の為、一時閉店してしまいます。
しかし一時閉店とは言っても復活する気配は無く、そのあと何になるのかな?と密かに期待してたが、出店したのは愛知県を拠点に展開している油そばの「歌志軒」でした。
すでに神戸市内では垂水区と東灘区に店舗を出していますが、神戸市内3店目、兵庫県では5店舗目になります。しゅはりがFCでやるんか?と思ったが、電話番号も違うし、歌志軒出店に際しての店主氏のコメントが他人事表記なんで、しゅはりとは全く無関係だとわかります。


歌志軒神戸六甲道店

店に入って、券売機で食券を買います。
コチラは店外に出されているメニュー一覧。


歌志軒神戸六甲道店

油そばの値段はこの通り。
お店は若い女性のワンオペでの営業。
他にワタシ以外の客はいませんでした。


歌志軒神戸六甲道店

「焔(並盛)」(800円)。


歌志軒神戸六甲道店

旨い油そばです。

posted by かもねぎ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市-灘区

2019年12月31日

麺屋添福来@神戸市中央区

添福来

神戸三宮さんプラザ地下の飲食店街の一角に、この12月21日にオープンしたばかりのラーメン店「麺屋添福来(てんぷくらい)」です。
カウンターだけのこぢんまりとしたお店。
メニューは「添福来醤油ラーメン」(650円)、「濃厚鶏白湯ラーメン」(700円)、「海老ワンタンラーメン」(700円)の基本3種類。


添福来

「海老ワンタンラーメン・味玉つき」(750円)。


添福来

魚介の風味の漂う塩ベースのあっさりしたスープ。
すりおろした柚子から良い香りが漂ってきます。


添福来

ワンタンは中国スタイルの具の多いタイプ。


添福来

麺は平打ちのツルツルした喉ごしの麺です。