このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2018年02月01日

元祖博多中洲屋台ラーメン一竜 西宮北口店@西宮市

中洲屋台ラーメン一竜西宮北口店

阪急西宮北口駅から阪急神戸線の線路沿いに東へ徒歩約10分、市道中津浜線沿いに昨年12月8日にオープンしたのがこちら、元祖博多中洲屋台ラーメン一竜の西宮北口店です。
この一竜という店、以前に東京都内で同名の店舗を見たことがあったので調べてみると、首都圏を中心に各地にチェーン展開しているようで、近畿圏では滋賀の近江八幡店に次いで2店舗目、本場の福岡では中洲川端商店街の本店1店舗のみが存在するだけでした。
店に入って券売機で食券を購入し、カウンター席に着きます。
主なメニューは、「中州屋台とんこつラーメン」(680円)、「赤ダレとんこつラーメン」(710円)、「味玉ラーメン」(800円)、「赤辛ラーメン」(850円)。「チャーシュー麺」(930円)、「全部のせラーメン」(1180円)、「油そば」(730円)、「しょうゆラーメン」(730円)などのほか、サイドメニューは焼きめし、餃子、唐揚げなども揃ってます。


中洲屋台ラーメン一竜西宮北口店

オススメとのことで「赤ダレとんこつラーメン」(710円)。
赤ダレは、唐辛子をベースに作られた辛み調味料。


中洲屋台ラーメン一竜西宮北口店

白濁のスープは豚ガラを煮込んで作られた純粋なとんこつスープ。


中洲屋台ラーメン一竜西宮北口店

歯触りの良い細麺。
FCのチェーン系列店としては、まぁヨカッタ。
テーブル席もあるしサイドメニュー揃ってるし、グループや家族連れにはおすすめです。


2018年02月12日

麺や一芯@神戸市灘区

麺や一芯

こちらの「麺や一芯」は、阪神新在家駅から東へ徒歩1分の阪神電鉄高架下に1月11日にオープンしたお店で、ここは以前、別のラーメン店があった場所。店主は同じ神戸市灘区内の人気店「縁」の出身で、ラーメン店の出典と閉店が繰り返され、入れ替わりも激しい六甲道&新在家エリアにまた旋風を巻き起こしました。


麺や一芯

メニューは、「おしげ醤油」(800円)、「おしげパイタン」(850円)の2種。


麺や一芯

写真は「おしげ醤油」。



麺や一芯

薄口醤油のスープで、地鶏と魚介のダシもほのかに、透き通ったあっさりスープ。


麺や一芯

喉ごしの良い中細ストレート麺。
ごちそうさまでした。今後の発展・進化に期待しています。


posted by かもねぎ at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市-灘区

麺屋弍星 六甲道店@神戸市灘区

麺屋弍星 六甲道店

こちらは今年1月5日、JR六甲道駅北東に最近オープンした店。
この日は夕方午後4時過ぎに来店。通し営業なのが有難い。先客は男性客ばかり6〜7人が入っていて、この時間帯としてはなかなか盛況では…。
以前はここ、虎と龍があった場所で、店に入るとカウンターのみ配置でそれほど広くはない店内は虎と龍の時代(さらに言うとその前の「華林」時代から)同じ造り。もしかしたら経営者は虎と龍のFCを離脱して麺屋弍星にリニューアルしたってパターンなのかもしれません。


麺屋弍星 六甲道店

メニューは御覧の通り、看板通り「煮干しラーメン」を売りにしてます。


麺屋弍星 六甲道店

「煮干しラーメン」(750円)。


麺屋弍星 六甲道店

ガツンと来るニボニボ感は無いけれど、適度に効いてるちょうど良さ。
これより薄かったら×、濃かったら一般受けしないんで、こんくらいがイイでしょう。


麺屋弍星 六甲道店

麺はスープが良く絡む太縮れ麺。
今後に期待します。


posted by かもねぎ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市-灘区

2018年02月15日

中華料理 舵@明石市

中華料理 舵

こちらは山陽電鉄西新町駅前にある中華料理店。
明石の仕事で、ちょっと早い昼食で開店と同時に入店。


中華料理 舵

メニューです。
ラーメンメニューも結構揃っています。


中華料理 舵

そん中で注目したのはこちらのメニューです。
パイタンもやしラーメン。
それ注文です〜。


中華料理 舵

で、出てきたのがこちら。
これ、パイタンではないでしょう…。


中華料理 舵

勝手に名前名付けるとしたら「もやしあんかけ醤油ラーメン」ですな、これは。
普通のもやしラーメン(値段同額)と注文を間違えられたようだ(^^;。


中華料理 舵

まあ、そのままいただきました。
味は、まさに中華料理店の出すスタイルのラーメンです。
ごちそうさんでした。


posted by かもねぎ at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-明石市-[東部]

麺や仙豆@明石市

麺や仙豆

西明石駅近くに昨年10月4日にオープンした「麺や仙豆(せんず)」へ来店。


麺や仙豆

昼時でしたが先客はゼロでございました。
若いお姉さんが一人で接客・調理しています。


麺や仙豆

メニューはこんな感じ。


麺や仙豆

「鶏・魚介の極み醤油ラーメン」(700円)。


麺や仙豆

貝のダシの風味がかすかに香るスープ。
しかし、ちょっと弱いな…。


麺や仙豆

ごちそうさんです。

posted by かもねぎ at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東播-明石市-[東部]

2018年02月17日

中華そば わらべ@三田市

中華そば わらべ

三田市北部、青野ダムのある千丈寺湖近くにある「中華そばわらべ」へ初来店。
行ってみてわかったが、こちらは以前、カフェの「トム・ソーヤの冒険」があった場所ではないですか!。トム・ソーヤの冒険は閉店してしまってたんですね〜。
トム・ソーヤの冒険は、阪神間に居住または阪神間の学校に在学していた40歳以上の方なら懐かしいと思う人もいると思いますが(私もそうです)、かつて西宮北口や苦楽園口、岡本、神大教養学部(今の国際文化学部)近くにも出店していた喫茶店でしたが、西宮北口店がいつの間にやら閉店し、最後に残っていた苦楽園口店も気が付くと閉店していました。そんな中、三田の千丈寺湖畔店というのがあることを知って私も5年前に一度訪れていました。
西宮北口ほかのトム・ソーヤの冒険は入店に際して制服姿での入店は×、作業着姿などの服装に際しても入店をお断りするというスタンスの店でしたが、三田にあった店は作業服姿のほか、「子連れでの入店不可」「男性同士での入店不可」という制約までありました。あと、いろいろ話のネタはありますが、閉店した店のことを今更延々言ってもアレなんでここまでにしときますが、店主は相当なポリシーを持った人だったのです。


中華そば わらべ
中華そば わらべ

さっそく店内に入ってみます。


中華そば わらべ

店に入っていくと、タッチパネル型の券売機が置かれています。
メニューは中華そばと特製濃厚そばの二択。


中華そば わらべ

日替わり炊き込みご飯とな?。


中華そば わらべ

それも注文。
具がそれほど入っておらず、ちょっと印象の薄い炊き込みご飯でしたが…。


中華そば わらべ

こちらは店内の様子です。
以前のトム・ソーヤの冒険時代の、山小屋風でシックな雰囲気は一掃されていました。
あと、トム・ソーヤの冒険は禁煙だったが、この店は禁煙ではなく、タバコ吸い放題で私の来店時にも2組の客が来てラーメン出る前からタバコ吸いまくり(写真の女も吸っている)。


中華そば わらべ

「特製濃厚そば」(900円)。


中華そば わらべ

スープは口当たり濃厚な味わい。


中華そば わらべ

900円は高いな〜と思ったけど、味玉がまるまる1個入ってるし、それなら900円でありだなと思った。
ちなみに、もう一方の中華そばは醤油味でした。


お店のデータ
【所在】三田市末2007-2
【電話】079-567-6539
【営業】11:00〜14:00 18:00〜21:00(土日祝は通し営業)
【定休】月曜日(祝日の場合翌火曜日休み)
【座席】カウンター席、テーブル席
【喫煙】OK
【車いす】要介助
【駐車場】完備
【最寄り駅】JR宝塚線広野駅から北東方向へ徒歩約40分(約2.7Km)
【最寄りバス停】三田駅から神姫バス上青野行乗車で「末東」バス停下車徒歩約1分
【アクセス】国道176号上井沢交差点から母子方面へ約2.5Km(約5分)
【その他】食券制です


posted by かもねぎ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神-三田市