このブログは、鴨ラー日記の兵庫県版です。
鴨ラー日記の全国版は、こちらを参照・・・


2017年03月10日

姫路タンメン@姫路市

姫路タンメン

姫路にまたまた新たな店がオープンしました。
姫路で居酒屋など飲食店を運営しているまるまさグループが手掛ける「姫路タンメン」が今年2月20日に新規開店。
タンメンは関東地方や南東北地方の中華料理店やタンメン専門店でザラにあるメニューですが、関西など西日本では馴染みがなく、タンメンという言葉すら聞いた事が無い人も多いはず。
特に姫路近辺でタンメン出してる店は無いと思われるし、さらにタンメン専門店となると姫路だけでなく、恐らく兵庫県では初だと思います。


姫路タンメン

タンメンは、茹でた麺に炒めた野菜や豚肉と、あっさりした塩ベースのスープを加えた麺料理。


姫路タンメン

メニューはこんな感じで、基本の姫路タンメンのほか、味噌タンメン、肉タンメン、麻婆タンメンなど、


姫路タンメン

ポピュラーな「姫路タンメン(並)」を注文。


姫路タンメン

すりおろししょうがが入っているのが姫路流?
これも姫路おでんの生姜醤油から取って付けたやつなので、昔から何かにしょうがを入れるなんてことはしないから…。


姫路タンメン

鶏がらあっさり塩味スープはやさしい味わい。
すりおろししょうがと相まって、またいい風味。


姫路タンメン

もちもちの平打ち太麺で、ガッツリいただけます。


お店のデータ
【所在】姫路市駅前町222
【電話】079-280-2322
【営業】11:00〜翌0:30
【定休】無休
【座席】カウンター席
【喫煙】未確認
【車いす】困難
【駐車場】無し
【最寄り駅1】JR姫路駅(東口)から北へ徒歩2分
【最寄り駅2】山陽姫路駅から東へ徒歩2分
【最寄りバス停】神姫バス「姫路駅前」



和soba天光@姫路市

和soba天光

こちら「和soba天光」は、昨年(2016年)12月1日に、姫路駅北の小溝筋にオープンしたお店。
白を基調としたシックな店内は、ちょっと高級感が漂ってます。
午後1時でも店内はほぼ満席です。
特に女性客の割合が高いのは姫路の他のラーメン店では見られないのでは。


和soba天光

空席が1つだけあったので待たずに入店。
メニューは御覧のように、鶏ポタージュスープの鶏sobaをメインにしたラーメン店ということがわかります。


和soba天光

こちらが看板メニューの「鶏soba」です。
んん〜っ??
コレは大阪にある「鶏soba座銀」のラーメン「鶏soba」と、見た目そっくりではないかいな?。


和soba天光

座銀と同じってわけではないが、スープは座銀と同じ鶏ポタですし、鶏soba、鶏つけsobaというネーミングも座銀と同じ。そして使用している奇形なこの器もほぼ座銀のものと同じ形です。
やはり大阪の座銀と関係があるのでしょうか?


和soba天光

鹿児島県産の桜島鶏を使用した濃厚スープは繊細でクリーミーな口当たり良い味。


和soba天光

ん〜、おいしかった。
ごちそうさまでした。

お店のデータ
【所在】姫路市亀井町84
【電話】079-225-1551
【営業】11:00〜14:00 17:30〜22:00
【定休】火曜日
【座席】カウンター席、テーブル席
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【駐車場】無し
【最寄り駅1】JR姫路駅(東口)から北へ徒歩5分
【最寄り駅2】山陽姫路駅から北東へ徒歩5分
【最寄りバス停】神姫バス「姫路駅前」
【アクセス】小溝筋商店街内


ら〜麺 愚かものであれ@姫路市

ら〜麺 愚かものであれ

姫路市飾磨にある「ら〜麺 愚かものであれ」は、昨年(2016年)10月1日にオープンした新しいお店。
店内がまた独特で、ちょっと洒落た雰囲気出してます。
正午近くに訪れると、すでに先客が5名。
中央の大テーブル席に座って、メニューを拝見。


ら〜麺 愚かものであれ

メニューはこちら。
いろいろある中で、普通に「らー麺」(700円)を注文します。


ら〜麺 愚かものであれ

こちらが「らー麺」(700円)。


ら〜麺 愚かものであれ

豚骨と鶏ガラを長時間煮込んだスープは濃厚で、口当たりも良好です。


ら〜麺 愚かものであれ

角ばった中太麺もなんか独特。

お店のデータ
【所在】姫路市飾磨区蓼野町148-3
【電話】079-287-9515
【営業】17:00〜翌1:00 土日祝は11:30〜翌1:00
【定休】水曜日
【座席】テーブル席
【喫煙】禁煙
【車いす】困難
【駐車場】共用で完備
【最寄り駅】山陽電鉄網干線西飾磨駅から東へ徒歩約15分(約1.1Km)
【最寄りバス停】神姫バス「構二丁目」バス停下車徒歩2〜3分(バスは姫路駅から)